ZOHO Sprints vs GitLab

GitLab compared to other DevOps tools

Zoho Sprints は、アジャイルチーム向けの比較的新しい計画/追跡ツールです。2017 年 10 月に開始されたこのツールは、タスク管理、看板ボード、エピック、その他の機能を提供しており、チームが作業を整理/追跡できるようにします。

FEATURES

課題のウェイト

GitLabでは課題のウェイトを設定して、アジャイルのプラクティスに従って課題を管理できます。

課題のウェイトのドキュメントを表示

マイルストーン

プロジェクトレベルやグループレベルの両方でマイルストーンを作成/管理したり、現在実施しているマイルストーンの全ての課題を表示して、アジャイルプラクティスのインクリメントやリリースを表現します。

マイルストーンの詳細

Iterations

Create and manage iterations at the group level, view all the issues for the iteration you’re currently working on within your group or project, and enable all subgroups and projects to stay in sync on the same cadence.

Learn more about Iterations

課題の対応期限

GitLabでは個々の課題に対して期限日を設定できます。これは、特定の期限日までにしなければならない、複数の小さなタスクを管理するのに役立ちます。

期限日のドキュメント

担当者

課題やマージリクエストにユーザーを割り当て、その責任を示します。

ドキュメント

複数の課題担当者

一度に複数の担当者を課題に設定できます。

課題の複数担当者のドキュメントを表示

関連した課題

関連する、ブロックする、ブロックされている課題として明示的にマークし、そのステータスを追跡します。 ブロックされた課題は、課題画面に表示され、簡単に識別できます。

関連した課題の詳細

他プロジェクトへの課題の移動

GitLabでは課題を別のプロジェクトへ移動できます。元の課題のすべてのリンク、履歴、コメントが移動先の課題にコピーされ、移動先の課題から元の課題を参照できます。これによって、複数のプロジェクトで課題を追跡するのが容易になります。

別のプロジェクトへ課題を移動の詳細

バーンダウンチャート

GitLabではマイルストーンのバーンダウンチャートを表示できます。これはスプリントやソフトウェアの新バージョンの作業の進捗管理に役立ちます。

バーンダウンチャートのドキュメントを表示

Todos

ユーザーが課題やマージリクエストでメンションされたりアサインされると、そのユーザーの Todo List に表示されます。これにより開発ワークフローをより素早く簡単に追跡することができます。

Todoの詳細

ヒルチャート状況レポート

ヒルチャートを使用すると、作業項目、課題、プロジェクトに関する一般的なステータスを簡単に報告できます。ヒルチャートの頂上の手前では不確定要素と未知要素が多く、ヒルチャートの頂上からの後半部では、より少ないリスクと未知要素でクリアに実行が進みます。

所要時間の記録

課題やマージリクエストの対応にかかった時間について更新や追跡ができます。

作業時間の記録の詳細

推定所要時間の追跡

課題やマージリクエストの対応に必要な推定時間について更新や追跡ができます。

作業時間の記録の詳細

工数の高度な追跡

特定の割り当てタスクについての個別の時間レポートを取得し、適切なプロジェクトに人件費を割り当てることができます。具体的な機能としては、見積もり、実績、コスト、レポートなどがあります。

DevOps パイプライン

チーム全体がパイプラインの状態を認識するために、エンドツーエンドで DevOps パイプラインの可視性を確立し、全体的な成功に貢献できるようにします。具体的な機能には、パイプラインの状態の可視性などがあります。

ポートフォリオ管理

特定のビジネス/IT 主導権をサポートするための企業リソースの割り当てを管理するために、戦略的な優先順位と方向性を確立します。戦略計画では、進行中のプロジェクトを評価し、プロジェクトや裁量労働に関する進行中の投資を形成/管理するための将来のイニシアチブを提案します。さまざまなポートフォリオ投資シナリオをモデル化および最適化することにより、戦略的な優先事項を満たすための理想的な資金の組み合わせを決定できます。具体的な機能としては、提案、エピック、バックログ、戦略的調整、見積もり、優先順位付け、仮説分析、モンテカルロシミュレーション、最適化などがあります。

スクラム

アジャイル-スクラムによるソフトウェアデリバリーのスプリントと呼ばれるタイムボックスアプローチをサポートします。具体的な機能としては、課題、スクラムボード、バーンダウンチャート、バーンアップなどがあります。

カンバン

アジャイル-カンバンによるソフトウェアデリバリーのフローベースのアプローチをサポートします。具体的な機能としては、課題、カンバンボード、バーンアップ、累積フロー図などがあります。

SAFe (スケーラブルなアジャイルフレームワーク) - Essential SAFe

[Essential SAFe 構成](https://www.scaledagileframework.com/essential-safe/)、アジャイルなリリーストレイン、(複数のプロジェクトを連結してリリースする統合された CD パイプライン)、Planning Increment (PI) プランニングの主要な原則とプラクティスをサポート可能 (cadence ベースのプロジェクト計画/ビジョン)

SAFe (スケーラブルなアジャイルフレームワーク) -リーンポートフォリオ管理

[リーンポートフォリオ管理](https://www.scaledagileframework.com/lean-portfolio-management/) の主要な要素をサポートします。具体的な機能としては、リリーストレイン, リーンポートフォリオ管理などがあります。

様々なアジャイルレポート

チームは、パフォーマンスに関する洞察を与えてくれる、リアルタイムの様々なレポートを利用できます。例えば、スプリントバーンダウン、エピックバーンダウン、累積フローダイアグラム、ベロシティチャート、バーンアップチャート、スプリントレポートなどがあります。

バーンダウンチャートのドキュメントを表示

製品ロードマップ

特定のビジネスサービスを構築する総合的なチームの取り組みをまとめて、統制し、形成するための **製品** のビジョンや戦略を確立します。製品ロードマップは特定のビジネス目標および目的に基づいており、高水準な要件を管理し、将来的な機能を優先付けし、リソースを割り当て、進捗状況を追跡し、ビジネス戦略に関連するビジネス結果を測定します。具体的な機能には、製品戦略、アイデア収集、要求管理、リソース管理、フィードバック収集、マイルストーン追跡、リリース管理、ワークフロー管理、機能追跡/偏差、ロードマップ分析、集中型ノート、レポート作成、インポート、API / SDK、競合管理、カスタマイズされたアラートなどがあります。

ポートフォリオ管理

プロジェクト、およびポートフォリオレベルで計画や進捗管理します。ポートフォリオ管理では、キャパシティとリソースを一緒に管理します。

ポートフォリオ管理の詳細

アップストリームの管理者にフォークの編集を許可

フォークしたプロジェクトからマージリクエストを投稿した場合に、 アップストリームの管理者にソースブランチの編集を許可するオプションが選べます。 これにより、アップストリームの管理者はマージ前に軽微な変更を行うことができ、 コミュニティからの貢献を受け入れる負担を軽減できます。

アプリケーションのパフォーマンス監視

Prometheusを利用して、GitLabはデプロイしたアプリケーションのパフォーマンスメトリクスを収集し表示できます。開発者はマージが本番環境に与える影響を、GitLabから離れることなく、簡単に確認できます。

デプロイしたアプリケーションの監視の詳細

アプリケーションのパフォーマンスに関するアラート

GitLab を使うと、エンジニアはソースコードを書くのと同じワークフローで、サービスレベルインジケータアラートをシームレスに作成し、必要なイベントを通知できます。

SLI アラートの作成についてさらに学んでください。