RedHat QuayとGitLabの比較 | GitLab.JP

このページでは、RedHat QuayとGitLabを比較しています。それぞれの強みや不足部分を確認して、判断材料にしてください。

Redhat Quay コンテナおよびアプリケーションレジストリは、任意のインフラストラクチャ上のコンテナの安全なストレージ、配布、デプロイメントを提供します。OpenShift のアドオンまたはスタンドアロンコンポーネントとして利用できます。Quay は、セルフマネージドまたは SaaS (quay.io) のどちらも提供されます。GitLab は、製品の組み込み部分であるコンテナレジストリも提供します(つまり、DevOps ライフサイクル全体に機能を提供する単一の GitLab アプリケーションの標準的なライセンスコストを超える追加コストはありません)。

FEATURES quay

Docker イメージのサポート

Supports storage and retrieval of Docker style containers.

GitLab コンテナレジストリの詳細

コンテナレジストリ Webhook

他のサービスと Docker Hub を統合するためのレジストリへのプッシュが成功した後にアクションをトリガします。

GitLab のレジストリ Webhook の詳細

コンテナレジストリの高可用性

Highly available through the use of multiple replicas of all containers and metadata such that if a machine fails, the registry continues to operate and can be repaired.

GitLab の高可用性の詳細

コンテナレジストリの地理的レプリケーション

複数の地域で複数のレジストリインスタンスを実行し、データセンター間で同期することにより、分散チームをサポートします。

GitLab レプリケーションの詳細

プライベートコンテナレジストリをサポート

プライベートコンテナのレジストリとリポジトリを持つ機能を提供します。

GitLab のプライベートコンテナレジストリの詳細

SaaS コンテナレジストリオファリング

コンテナレジストリは、ソフトウェアサービスとして利用可能です。

GitLab.com で利用可能なコンテナレジストリについて

自己管理型コンテナレジストリオファリング

組織のデータセンター、共同ホスト、選択したクラウドプロバイダで、自己インストールや自己管理が可能なコンテナレジストリです。

自己インストールの GitLab の詳細

REST API によるコンテナレジストリの利用

REST API によるコンテナレジストリの自動化と統合のサポートを有効にします。

GitLab 課題を見る

Use search to find and identify Docker images

Allows users to search their GitLab instance for image names and tags

GitLab 課題を見る

Lower the cost of storage for the GitLab Container Registry by running garbage collection

In the context of the Docker registry, garbage collection is the process of removing blobs from the filesystem when they are no longer referenced by a manifest.

Check out the documentation, and get started today.

Helm チャートリポジトリをサポート

Supports storage and retrieval of Helm charts.

GitLab 課題を見る

Docker tag expiration and retention policies

Easily define, manage and update Docker image expiration policies on a per project and per Docker repository level, reducing storage costs and operational risks of manually removing images.

Learn more about how to programmatically expire images