MicroFocus Fortify vs GitLab

GitLab compared to other DevOps tools

このページのコンテンツ

要約

Both Fortify and GitLab Ultimate offer open source component scanning along with Static and Dynamic Application Security Testing. Fortify uses Sonatype for open source scanning in its SaaS product as an OEM service. Fortify on-premise is integrated with SonaType and BlackDuck for open source scanning on-premise, both of those require separate licensing and set up.

Fortify is a mature product and has led the Gartner Magic Quadrant for application security testing every year. Fortify offers IAST (with DAST) and RASP, though it does not offer container scanning. In spite of it's strengths as a stand-alone product, Fortify is a separate process outside of the developer's merge request workflow. The Fortify RASP product, Application Defender, is limited to Java and .Net applications. The Fortify Security Center (SSC) is needed if you want to pull results together from across the various Fortify scanners. Fortify acquired WebInspect many years back for DAST but you may still hear the name WebInspect from customers. Fortify does not offer any form of container scanning currently. Fortify does not offer a portfolio level dashboard of vulnerabilities.

Fortify can be easily integrated into GitLab CI process using Command Line and API integrations. A key difference is that Fortify does not yet provide incremental scanning while GitLab clearly shows the scan results based upon the diff, or code changed since the last commit.

GitLab automatically includes broad security scanning with every code commit including Static and Dynamic Application Security Testing, along with dependency scanning, container scanning, and license management. Results are provided to the developer in the CI pipeline (Merge Request) with no integration required. GitLab also aggregates and displays all results in a single dashboard both at Group and Project levels.

比較

FEATURES

静的アプリケーションセキュリティテスト

GitLab では、CI/CD パイプラインで静的アプリケーションセキュリティテスト (SAST) を簡単に実行することができます。 アプリケーションに含まれるライブラリの中に脆弱なソースコードや よく知られたセキュリティバグがないかどうかをチェックします。 結果はマージリクエストとパイプラインビューに表示されます。 この機能は [Auto DevOps](https://docs.gitlab.com/ee/topics/autodevops/stages.html#auto-sast) の一部として利用可能で、デフォルトでのセキュリティを提供しています。

静的アプリケーションセキュリティテストの詳細

機密情報の検出

GitLab では、CI/CD パイプラインで機密情報の検出を行い、意図せずにコミットされた機密情報をチェックします。 結果はマージリクエストやパイプラインビューに表示されます。 この機能は [Auto DevOps](https://docs.gitlab.com/ee/topics/autodevops/) の一部として提供されています。

機密情報の検出の詳細

依存関係の脆弱性スキャン

GitLabはアプリケーションが使用するライブラリに存在する既知のセキュリティバグを自動的に検出し、アプリケーションを脆弱性から保護します。 依存性スキャンの結果はマージリクエストおよびパイプラインの画面に表示されます。 この機能は[Auto DevOps](https://docs.gitlab.com/ee/topics/autodevops/#auto-sast)の一部として利用できます。

依存関係の脆弱性スキャンの詳細

コンテナの脆弱性スキャン

アプリケーションのDockerイメージをビルドする際に、コードをデプロイする環境に既知の脆弱性が存在しないかGitLabで確認できます。 コンテナスキャンの結果はマージリクエストとパイプラインに表示されます。 この機能は[Auto DevOps](https://docs.gitlab.com/ee/topics/autodevops/#auto-sast)の一部として利用できます。

コンテナの脆弱性スキャンの詳細

動的アプリケーションセキュリティテスト

オンラインのアプリケーションに対して、GitLabのCI/CDパイプラインで動的アプリケーションセキュリティテスト(DAST)を実行できます。 これにより、アプリケーションにXSSや認証フローの不備のような脆弱性が存在しないかをテストできます。 テスト結果はマージリクエストとパイプラインに表示されます。 この機能は[Auto DevOps](https://docs.gitlab.com/ee/topics/autodevops/#auto-sast)の一部として利用できます。

コンテナのアプリケーションセキュリティの詳細

双方向なアプリケーションセキュリティテスト

[IAST](https://blogs.gartner.com/neil_macdonald/2012/01/30/interactive-application-security-testing/) は静的 / 動的アプリケーションセキュリティテスト方法の要素を組み合わせて、結果の全体的な品質を改善します。通常 IAST はライブラリの呼び出しなどを監視するために、エージェントを使用してアプリケーションを計測します。GitLab はまだこの機能を提供していません。

クラウドネイティブのネットワークファイアウォール

Cloud native network firewall provides container-level network micro segmentation which isolates container network communications to limit the “blast radius” of compromise to a specific container or microservice. A container-aware virtual firewall identifies valid traffic flows between app components in your cluster and limits damage by preventing attackers from moving through your environment when they have already compromised one part of it.

Learn more about Container Network Security

ライセンスコンプライアンス

依存関係のライセンスがアプリケーションと互換性があることを確認し、それらを承認またはブラックリストに登録します。結果はマージリクエストおよびパイプラインの画面に表示されます。

ライセンスコンプライアンスの詳細