Micro Focus ALM OctaneとGitLabの比較 | GitLab.JP

このページでは、Micro Focus ALM OctaneとGitLabを比較しています。それぞれの強みや不足部分を確認して、判断材料にしてください。

On this page

Summary

Micro Focus, which purchased the software business unit of Hewlett Packard Enterprise, has ALM Octane, that has both on-premise technologies and SaaS-based offerings. ALM Octane is a web-based application lifecycle management platform that enables teams to collaborate easily, manage the product delivery pipeline, and visualize the impact of changes.

GitLab enables portfolio planning and management through epics, groups (programs) and milestones to organize and track progress. Regardless of your methodology from Waterfall to DevOps, GitLab’s simple and flexible approach to planning meets the needs of small teams to large enterprises. GitLab helps teams organize, plan, align and track project work to ensure teams are working on the right things at the right time and maintain end to end visibility and traceability of issues throughout the delivery lifecycle from idea to production.

Gaps

ALM Octane doesn't include built-in CI/CD, SCM and IDE, therefore integrations with third-party tools are required for the complete software development lifecycle. In contrast, GitLab is a complete DevOps platform, delivered as a single application. From project planning and source code management to CI/CD, monitoring, and security.

Comments/Anecdotes

Resources

Comparison

FEATURES

課題

複数の課題のステータスや担当者やマイルストーンを素早く一括で設定でき、設定した値で簡単に絞り込みができます。プロジェクトを横断して、マイルストーンや課題を表示できます。

課題管理の詳細

説明テンプレート

課題やマージリクエストに description テンプレートを追加することにより、新しい課題やマージリクエストを作成するユーザーは、効果的なコミュニケーションに役立つテンプレートを選択できます。

GitLabの説明テンプレートの詳細

添付ファイル

課題、マージリクエスト、エピックに添付ファイル (画像を含む) をアップロードして、テキスト以外でのアイデアを伝えることもできます。

添付ファイルの詳細

ラベル

ラベルを使用すると、 'バグ' , 'ドキュメント' といった説明的なタイトルに基づいて、問題、マージリクエスト、エピックを簡単に分類できます。

GitLabのラベルの詳細

課題のウェイト

GitLabでは課題のウェイトを設定して、アジャイルのプラクティスに従って課題を管理できます。

課題のウェイトのドキュメントを表示

マイルストーン

プロジェクトレベルやグループレベルの両方でマイルストーンを作成/管理したり、現在実施しているマイルストーンの全ての課題を表示して、アジャイルスプリントやリリースを表現します。

マイルストーンの詳細

課題の対応期限

GitLabでは個々の課題に対して期限日を設定できます。これは、特定の期限日までにしなければならない、複数の小さなタスクを管理するのに役立ちます。

期限日のドキュメント

担当者

課題やマージリクエストにユーザーを割り当て、その責任を示します。

分所

バーンダウンチャート

GitLabではマイルストーンのバーンダウンチャートを表示できます。これはスプリントやソフトウェアの新バージョンの作業の進捗管理に役立ちます。

バーンダウンチャートのドキュメントを表示

タスクのドラック&ドロップ

Drag and drop tasks in a task list.

この機能に関するGitLabの課題を表示

課題ボードのラベルリスト

課題ボードはラベルをベースに構成されています。そのため、複数のラベルが設定されている課題は複数のリストに表示されます。これは課題を俯瞰的に捉えるのに役立ちます。

ラベルと課題ボードの詳細

課題ボードの設定

ボードをマイルストーン、ラベル、担当者、重みと関連付けることができます。

設定可能な課題ボードの詳細

DevOps パイプライン

チーム全体がパイプラインの状態を認識するために、エンドツーエンドで DevOps パイプラインの可視性を確立し、全体的な成功に貢献できるようにします。具体的な機能には、パイプラインの状態の可視性などがあります。

スクラム

アジャイル-スクラムによるソフトウェアデリバリーのスプリントと呼ばれるタイムボックスアプローチをサポートします。具体的な機能としては、課題、スクラムボード、バーンダウンチャート、バーンアップなどがあります。

カンバン

アジャイル-カンバンによるソフトウェアデリバリーのフローベースのアプローチをサポートします。具体的な機能としては、課題、カンバンボード、バーンアップ、累積フロー図などがあります。

要件管理

With Requirements Management you are able to gather, document, refine, and track approval of business and system requirements. Manage and track the relationships between requirements and other requirements, requirements and code, or requirements and test cases for each version of requirements. Specific features will include definition, traceability, and requirement hierarchy and dependency.

See direction page for details

品質管理

テスト計画、テストケースの定義、テスト実行の結果、失敗したテストから生じる作業に対応したバックログをサポートできます。具体的な機能としては、テストケースの計画、テストの実行、障害追跡 (バックログ)、重大度、優先度などがあります。

詳細はエピックを参照

サービスデスク

GitLabインスタンスのアカウントを持たない外部のユーザーに課題を作成することを許可し、自身が作成した課題以外へのアクセスを禁止できます。すなわち、GitLabのインターフェースでチケット管理ができます。

サービスデスクの詳細

Service Desk Custom Branding

Allow customization of incoming issues and response emails, including the service desk user name to allow for a cohesive branding experience for your customers.

Learn more about Service Desk customization

ポートフォリオ管理

プロジェクト、およびポートフォリオレベルで計画や進捗管理します。ポートフォリオ管理では、キャパシティとリソースを一緒に管理します。

ポートフォリオ管理の詳細

Wiki によるプロジェクトのドキュメント

それぞれのプロジェクトのドキュメントを管理するためにWikiが使用できます。。すべてのWikiは独立したGitリポジトリとして利用できます

GitLabのWikiの詳細

AD/LDAP連携

他グループとの同期、SSHキーの管理、許可や認証の管理などが可能です。GitLabインスタンスのすべてをAD/LDAP連携によって管理できます

AD/LDAP連携の詳細

Mattermostとの連携

GitLab Omnibusを使用すると、Mattermostが自動的にインストールされ、Mattermostとの連携を簡単に利用できます。

Mattermost連携のドキュメントを確認