Jenkins vs GitLab

GitLab compared to other DevOps tools

このページのコンテンツ

概要

Plugins
Plugins
DevOptics
Plugins
DevOptics
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
DevOptics
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Integration with ServiceNow
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Via Integration
Plugins
Plugins
Via Integration
On Roadmap
Plugins
Plugins
Via Integration
On Roadmap
Plugins
Plugins
Via Integration
On Roadmap
Plugins
Plugins
Via Integration
Plugins
Via Integration
Plugins
Via Integration
Plugins
On Roadmap
Jenkins X
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
On Roadmap
On Roadmap
Via Integration
Plugins
Via Integration
Plugins
Plugins
Jenkins X
Plugins
Via Jenkins X
Plugins
CodeShip
Plugins
Jenkins X
Jenkins X
Jenkins X
Plugins
Via Plugins
Plugins
Plugins
Jenkins X + Plugins
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Jenkins X
Plugins
Plugins
Plugins
Via Integration
On Roadmap
Plugins
Via Integration
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap

要約

Jenkinsは世界中でもっとも人気のあるビルドの自動化、およびCI/CDツールの一つです。何百もの利用可能なプラグインの機能を組み込むことで、信じられないほどの柔軟性が生まれ、あらゆるプロジェクトの構築、デプロイ、自動化をサポートすることができます。

2018年第3四半期のJenkins Worldカンファレンスでは、CloudBees(Jenkinsの主要メンテナー)がJenkinsを分割してクラウドネイティブ版と、簡易化された機能制限版(Jenkins Evergreen)に注力することで、Jenkinsの競争力を復活させる意向を発表しています。また、Jenkins XというJenkinsのサブプロジェクトもあり、Kubernetesを使ったパイプラインの実行を容易にすることを目的としています。

Jenkins Xは、Jenkins CI/CDサーバ、Kubernetes、Helmなどのツールをネイティブに統合し、GitOpsを使って環境を管理するなど、ベストプラクティスを組み込んだ模範的なCI/CDパイプラインを提供します。KubernetesコンテナへJenkinsをデプロイすることで、Jenkinsのインストールと統合の複雑さを回避します。しかし、Jenkinsサーバをはじめ、多くのツールが複雑に組み合わされているため、メンテナンスは容易ではありません。

対照的に、GitLabはすでに、DevOpsのライフサイクル全体に完全に統合されたオールインワンのアプリケーションを提供することで、Jenkinsが期待している以上のものを提供しています。Jenkinsが注力しているCI/CDに加えて、GitLabは計画、ソースコード管理、パッケージング、リリース、構成、モニタリングの機能も提供しています。

不足部分

コメント/逸話

戦略

Jenkins objection handling (GitLab access only) Jenkins objection handling Q&A (GitLab access only)

リソース

料金

気になる質問

比較

FEATURES

統合されたCI/CD

GitLabにはCI/CD機能が統合されているので、CI/CDのために他のツールをインストールする必要はありません。GitLabのCI/CDを使用して、ウェブサイト(GitLab Pages)やウェブアプリケーションをビルド・テスト・デプロイできます。ジョブの結果はマージリクエストに表示され、簡単にアクセスできます。

CI/CDの詳細

アプリケーションのパフォーマンス監視

Prometheusを利用して、GitLabはデプロイしたアプリケーションのパフォーマンスメトリクスを収集し表示できます。開発者はマージが本番環境に与える影響を、GitLabから離れることなく、簡単に確認できます。

デプロイしたアプリケーションの監視の詳細

アプリケーションのパフォーマンスに関するアラート

GitLab を使うと、エンジニアはソースコードを書くのと同じワークフローで、サービスレベルインジケータアラートをシームレスに作成し、必要なイベントを通知できます。

SLI アラートの作成についてさらに学んでください。

GitLab サーバのセルフ監視

オンプレミスで運用しているGitLabサーバーをPrometheusで監視できます。これにより、自身のGitLabサーバーの稼働状況を簡単に確認できます。

GitLab サーバのセルフ監視の詳細

バリューストリーム分析

GitLabは計画からモニタリングまでに要した時間を計測するためのダッシュボードを提供します。GitLabには、アイディアを本番環境にデプロイするまでに必要なツールのすべてが組み込まれているので、このようなデータの提供が可能です。

バリューストリーム分析の詳細

Group Level Value Stream Analytics

GitLab provides a group dashboard that lets teams measure the time it takes to go from planning to monitoring. GitLab can provide this data because it has all the tools built-in: from the idea, to the CI, to code review, to deploy to production.

バリューストリーム分析の詳細

統合されたコンテナレジストリ

GitLab Container Registryは、Dockerイメージのためのセキュアでプライベートなレジストリです。 GitLab CIからイメージを簡単にアップロードしたりダウンロードしたりすることができます。 Gitリポジトリ管理と完全にインテグレーションされています。 (Codefresh社は2020年5月1日をもってプライベートなDockerレジストリのサポートを終了する予定です。)

コンテナレジストリのドキュメント

レビューアプリで変更をプレビュー

GitLab CI/CDを利用して、ブランチごとに新しい環境を作成することができ、開発プロセスを高速化できます。自分のブランチをプレビューできるマージリクエスト用の動的な環境を起動できます。レビューアプリは静的・動的なURLの両方をサポートします。

レビューアプリの詳細

包括的なAPI

GitLabは、インテグレーションの開発を可能にするために、多くの機能をAPIとして提供しています。

APIのドキュメントを表示

CI/CD 水平自動スケール

GitLab CI/CDのクラウドネイティブなアーキテクチャでは、ワークロードが増加した場合に、新しいノードを追加することで簡単に水平方向にスケールできます。GitLab Runnerはパイプライン処理が開始されると、自動的に新しいコンテナを作成し、処理が完了して不要になったコンテナを削除します。これにより、CI/CDのコストを抑えることができます。.

GitLab CI/CDの水平オートスケーリングの詳細

CI/CD パイプラインダッシュボード

プロジェクトやグループ全体のパイプラインの履歴と現在のステータスをユーザーごとにカスタマイズできる単一のダッシュボードで視覚化します。

オペレーションダッシュボードでのプロジェクト間のパイプラインの詳細

コンテナや Docker を用いたビルド

GitLabは、GitLab独自のコンテナレジストリとDocker CI Runnerを搭載しているため、それだけでCI/CDでのコンテナワークフローを完結できます。つまり追加のプラグインをインストール、設定、管理する必要はありません。

クラウドネイティブ

GitLabとGitLab CI/CDはクラウドネイティブな設計で開発されています。GitLab は Kubernetes 上に簡単にデプロイできます。また、Gitlab を使用してアプリケーションをそのまま Kubernetes に対しデプロイできます。

Kubernetes 連携

統合されたウェブターミナルでコンテナをデバッグ

GitLabにビルトインされたウェブターミナルを使用すると、あらゆる環境のコンテナを簡単にデバッグできます。アプリケーションをKubernetesにデプロイしている場合は、GitLabの環境メニューから直接ターミナルのセッションを開始することができます。この強力な機能により、ブラウザから離れることなく、問題の調査を素早く行うことができます。

ウェブターミナルの詳細

柔軟なパイプライングラフ

複数のジョブを直列、または並列に実行するパイプラインの構造は非常に複雑です。 GitLabでは単一のパイプライングラフですべてのジョブのステータスを表示できるので、 何が起こっているのかを簡単に確認できます。

パイプライングラフの詳細

成果物をブラウズ可能

GitLab CIを使用すると、外部サービスを必要としないで、GitLab内にジョブの成果物をアップロードできます。 これによって、アップロードした成果物をGitLabのウェブインターフェースで表示できます。

プロジェクト内のジョブアーティファクトの利用の詳細

パイプラインをスケジュール実行

cronのように、パイプラインをスケジュール実行できます。

GitLabでパイプラインがスケジュール実行される仕組の詳細

コード品質MRウィジェット

マージリクエストのウィジェットエリアに表示されるコード品質レポートにより、変更がコードの品質に与える影響を事前に知ることができます。

コード品質の詳細

コード品質レポート

コード品質レポートは、パイプラインページで利用可能で、組織の推奨スタイルや基準を満たしていないコードの領域を表示します。

コード品質レポートの詳細

複数プロジェクトのパイプライングラフ

マイクロサービスアーキテクチャでは、パイプラインの設計はより複雑なものになります。 複数プロジェクトのパイプライングラフを使用すると、アップストリームとダウンストリームのパイプラインが、プロジェクトのトリガーを通して、どのように協調しているのかを表示することができます。

複数プロジェクトのパイプライングラフの詳細

保護変数

権限のあるユーザーだけが変数の値を取得できるように、変数を保護することができます。 「保護変数」は「保護ブランチ」で実行されているジョブからだけ取得できます。

保護変数の利用方法の詳細

環境とデプロイメント

GitLab CIを使用すると、ビルドやテストだけではなく、インフラへのデプロイもできます。 また、CIのジョブのタグに似ている、環境を利用するとデプロイ履歴をトラッキングできます。

環境の詳細

環境履歴

環境履歴を使用するとサーバーに現在、何がデプロイされているのかを確認できます。また、環境の詳細画面では過去のすべてのデプロイ情報を表示できます。 この画面から現在のバージョンを再デプロイしたり、何か問題が発生した場合は、過去の安定バージョンにロールバックすることができます。

環境履歴の詳細

特定環境用の変数

どの環境から変数の値を取得できるのか制限することができます。

特定環境用変数の設定方法の詳細

グループレベル変数

グループレベルで変数を定義し、グループ内のすべてのプロジェクトから使用することができます。

変数の設定方法の詳細

CI/CDの設定ファイルのパスを変更可能

プロジェクトのトップディレクトリにCI/CDの設定ファイルを置きたくない場合などに、設定ファイルのパスを独自に定義できます。

カスタムCI/CD設定ファイルの設定方法の詳細

CI/CDジョブをWindowsで実行

GitLab RunnerはWindowsをサポートしているので、ジョブをこのプラットフォームでネイティブに実行できます。 PowerShellやバッチファイルを活用することで、Windowsに基づくプロジェクトを自動で構築、テスト、デプロイすることが可能です。

WindowsにGitLab Runnerをインストール

macOSでCI/CDのジョブを実行

GitLab RunnerはmacOSをサポートしているので、このプラットフォーム上でネイティブにジョブを実行できます。 シェルスクリプトやコマンドラインツールを利用して、macOSベースのプロジェクトのビルド、テスト、デプロイを自動化できます。

macOSにGitLab Runnerをインストール

Linux ARMでCI/CDのジョブを実行

GitLab RunnerはARMアーキテクチャのLinuxをサポートしているので、このプラットフォーム上でネイティブにジョブを実行できます。 シェルスクリプトやコマンドラインツールを利用して、Linux ARMベースのプロジェクトのビルド、テスト、デプロイを自動化できます。

LinuxにGitLab Runnerをインストール

FreeBSDでCI/CDのジョブを実行

GitLab RunnerはFreeBSDをサポートしているので、このプラットフォーム上でネイティブにジョブを実行できます。 シェルスクリプトやコマンドラインツールを利用して、FreeBSDベースのプロジェクトのビルド、テスト、デプロイを自動化できます。

FreeBSDにGitLab Runnerをインストール

パイプラインのコードカバレッジを表示

GitLabでは、カスタマイズ可能な正規表現を使用してジョブの出力をパースして、SimpleCovのようなツールが生成するコードカバレッジを取得できます。 取得したデータはUIに自動的に表示され、HTMLページなどに埋め込むためのバッジとして使用することもできます。

GitLabでコードカバレッジの生成と表示の詳細

GitLab CI/CDでの各コマンドの実行時間の詳細

他のCIシステムの中には、ジョブ全体の実行時間に加えて、各コマンドの実行時間を表示できるものがあります。 GitLabにも同様の機能を実装するための検討が行われています。

この課題の詳細を確認

Auto DevOps

Auto DevOps機能を使用すると、ソフトウェア開発ライフサイクルの自動設定が適用されます。 これにより、DevOpsのベストプラクティスに従って、プロジェクトを推進することができます。

Auto DevOpsの詳細なドキュメントを確認

保護Runner

保護Runnerを使用すると、デプロイ用の秘密鍵のような、機密情報を保護することができます。 保護ブランチで実行されるジョブのみが、保護Runnerにアクセスできます。

この課題の詳細を確認

構築済みのKubernetesクラスタと容易に連携

構築済みのKubernetesクラスターをプロジェクトに追加できます。CI/CDパイプラインから、 追加したKubernetesクラスターへ簡単にアクセスでき、Review Appsをホストしたり、アプリケーションをデプロイしたりすることができます。

この課題の詳細を確認

GKE上にKubernetesクラスターを簡単に構築

Googleアカウントに接続して、いくつかの情報を入力するだけで、 プロジェクトから直接GKE上にKubernetesクラスターを構築できます。構築したクラスターは、Auto DevOpsでアプリケーションをデプロイのに使用することができます。

この課題の詳細を確認

複数のKubernetesクラスターをサポート

ステージングや本番環境のような異なる環境を異なるKubernetesクラスターに簡単にデプロイできます。 これにより、ステージングと本番環境のデータを完全に分離することができます。

この課題の詳細を確認

Kubernetesクラスター用アプリケーションを簡単にデプロイ

Helm Tiller、Nginx Ingress、Cert-Manager、Prometheus、GitLab Runner、JupyterHub、KnativeをGitLabのWeb UIから1クリックでクラスターにインストールできます。

GKEクラスターにアプリケーションをインストールのドキュメントを確認

カナリアデプロイメント

GitLab Premiumでは、Kubernetesにアプリケーションをデプロイしている場合は、 カナリアデプロイメントを監視できます。

カナリアデプロイメントの設定の詳細

最小限のCI/CDの設定

GitLab CI/CDは、Jenkinsのようなツールで同様のパイプラインを実行する場合と比べて、より少ない設定で済みます。

GitLab CI/CDの詳細

失敗したCIのジョブを自動で再実行

.gitla-ci.ymlに特別なキーワードを記述することで、GitLab CIでジョブが失敗した場合に、 指定の回数だけジョブを自動で再実行できます。

失敗したCIのジョブを自動で再実行の詳細

パイプラインのセキュリティ

保護ブランチで実行されるCI/CDパイプラインに対して、定義したセキュリティルールが守られているかチェックできます。 パイプラインのセキュリティは、手動で作成したパイプライン、再実行したジョブ、手動アクションにも適用されます。

パイプラインのセキュリティの詳細

外部のCI定義ファイルをインクルード

複数のプロジェクトで共通なジョブのテンプレートとして再利用するために、 外部のCI定義ファイルをインクルードできます。

外部ファイルのインクルードの詳細

CI/CDのログを折りたたんで表示

ジョブの各コマンドの出力ログを折りたたんで表示できます。

ドキュメント

Kubernetes podログの表示

生成されたログファイルにより、サーバ、アプリケーション、ネットワーク、セキュリティデバイスを監視し、エラーや問題を特定して分析します。GitLab では、接続された Kubernetes クラスタ内で実行中の Pod のログを簡単に見ることができる。GitLab でログを直接表示することで、開発者はコンソールツールを管理したり、別のインタフェイスにジャンプする必要がなくなります。

Kubernetes podログの表示の詳細

Windows Container Executor

この機能を使用すると、Linux ホスト上と同じように Windows 上で Docker コンテナを直接使用できます。これにより、Microsoft プラットフォームのユーザーは、より高度なパイプラインの調整と管理が可能になります。

Windows Container Executor の詳細

ビジュアルレビュー

ビジュアル レビューでは、ユーザーはレビュー アプリから直接マージ リクエストに変更の提案についてフィードバックをできます。 この機能により、デザイナー、プロダクト マネージャー、およびその他のステークホルダーは、MR で作業している開発者と同じように簡単かつ迅速に、ルック アンド フィール /ユーザー エクスペリエンスの変更についてコメントすることができます。

ビジュアルレビューの詳細