Google Container Registry vs GitLab

GitLab compared to other DevOps tools

Google Container Registry (GCR)は、Google Cloud Platform上のセキュアでプライベートなDockerイメージストレージを提供します。 Dockerイメージの管理、脆弱性解析の実行、アクセス制御をきめ細かく行い、誰が何にアクセスできるかを決定するための単一の場所を提供します。 既存のCI/CDインテグレーションにより、チームは完全に自動化されたDockerパイプラインを設定し、迅速なフィードバックを得ることができます。 使用コストは、Google Cloud Platformのストレージとネットワークの使用量のみに基づいています。

GitLabは、製品に組み込まれたコンテナレジストリも提供しています(つまり、DevOpsライフサイクル全体の機能を提供するGitLabアプリケーション1つに対して、標準のライセンスコスト以上の追加コストはかかりません)。

FEATURES

Docker イメージのサポート

Dockerスタイルのコンテナの保存と取得をサポートします。

GitLab コンテナレジストリの詳細

コンテナレジストリ Webhook

他のサービスと Docker Hub を統合するためのレジストリへのプッシュが成功した後にアクションをトリガします。

GitLab のレジストリ Webhook の詳細

コンテナレジストリの高可用性

すべてのコンテナとメタデータの複数のレプリカを使用することで高可用性を実現し、マシンに障害が発生した場合でも、レジストリは継続して動作し、修復することができます。

GitLab の高可用性の詳細

コンテナレジストリの地理的レプリケーション

複数の地域で複数のレジストリインスタンスを実行し、データセンター間で同期することにより、分散チームをサポートします。

GitLab レプリケーションの詳細

プライベートコンテナレジストリをサポート

プライベートコンテナのレジストリとリポジトリを持つ機能を提供します。

GitLab のプライベートコンテナレジストリの詳細

SaaS コンテナレジストリオファリング

コンテナレジストリは、ソフトウェアサービスとして利用可能です。

GitLab.com で利用可能なコンテナレジストリについて

自己管理型コンテナレジストリオファリング

組織のデータセンター、共同ホスト、選択したクラウドプロバイダで、自己インストールや自己管理が可能なコンテナレジストリです。

自己インストールの GitLab の詳細

REST API によるコンテナレジストリの利用

REST API によるコンテナレジストリの自動化と統合のサポートを有効にします。

GitLab 課題を見る

Dockerイメージを検索

GitLab インスタンス内のDockerイメージを名前やタグで検索できます。

GitLab 課題を見る

ガベージコレクションを実行することで、GitLab コンテナレジストリのストレージコストを削減

Dockerレジストリのコンテキストでは、ガベージコレクションとは、マニフェストで参照されなくなったブロブをファイルシステムから削除するプロセスのことです。

ドキュメントをチェックして、使い始める。

Dockerイメージを検索

グループとプロジェクトのコンテナレジストリのイメージを名前で検索できます。

GitLab コンテナレジストリの詳細

Helm チャートリポジトリをサポート

Helm Chartの保存と取得をサポートします

GitLab 課題を見る

イメージの有効期限ポリシー

プロジェクトレベルのポリシーを定義して、どのイメージを削除または保存すべきかを定義できます。 この機能は、ストレージのコストを削減し、重要なイメージが削除されるのを防ぐことができるように設計されています。

イメージの有効期限ポリシーの詳細