Gerrit vs GitLab

GitLab compared to other DevOps tools

Gerrit は無料の Web ベースのチーム用のソースコードコラボレーションツールです。ソフトウェア開発チームの開発者は、Web ブラウザーを使用してお互いのソースコードの変更をレビューし、それらの変更を承認または拒否できます。Gerrit は別のコードレビューツールである Rietveld のフォークです。

このページのコンテンツ

要約

Gerrit is a free, web-based team code collaboration tool. Software developers in a team can review each other's modifications on their source code using a Web browser and approve or reject those changes. It integrates closely with Git. It was originally developed as a code review system for Android development. Gerrit includes code diffs, discussions, a and a git server.

In contrast, GitLab provides a git server, with issues and issue tracking, as well as code review, and features to automate the entire DevOps lifecycle.

コメント/逸話

リソース

比較

FEATURES

コミュニティによるサポート

GitLabコミュニティフォーラムは、すべてGitLabユーザのための活発なコミュニティで、情報共有やサポートを得られる場です。

コミュニティフォーラムを表示

マージリクエストの承認を必須にする

プロジェクトで複数の承認が必要な場合、マージ前にすべてのマージリクエストを承認する必要があります。 必要な承認の数を設定し、特定の承認者のリストを事前に定義することで、マージリクエストの承認を必須にすることができます。 これにより、コードの品質と標準への準拠を保証することができます。

マージリクエストの承認の詳細

コードレビューを複数人で承認

GitLab では厳密なコードレビューを保証するために、マージリクエストをマージする前に、 マージリクエストに対して様々なユーザーからの特定の数の承認 を要求することができます。一度承認した後で問題に気がついた場合は、承認を取り消すこともできます。

承認機能のドキュメント

コードレビューの承認ルール

適格な承認者のリスト、それぞれの承認数の最小値、 およびどのターゲットブランチを保護するかを指定して、 承認ルールに沿って適切な人がマージリクエストをレビューするようにします。これにより、 エンジニアリング、UX、プロダクトといった異なるチームにレビューを依頼することが容易になります。

承認機能のドキュメント

任意のマージリクエストの承認

良好な状態のマージリクエストを承認することは、レビュープロセスの重要な部分であり、変更をマージして良いことを明確に伝えることができます。

任意のマージリクエストの承認の詳細

コードオーナー

ファイルにコードオーナーを割り当てて、 `CODEOWNERS` ファイルを使用してプロジェクトのコードを担当するチームメンバーを指定します。コードオーナーはマージリクエストの承認者として自動的に割り当てられ、必要に応じて設定し、ファイルを表示するときにそれらを表示できます。

コードオーナーの詳細

コードオーナーセクション

コードオーナーセクションでは、各チームが独自のコードオーナー 設定を独立して行うことができ、複数のチームがコードベースの共通 部分を管理することができます。

コードオーナーセクションの詳細

画像に関する議論

コミット画面やマージリクエストの差分画面で、画像の特定の位置を指定して、画像に関する議論をコメントできます。1つの画像に対して複数の議論を作成できます。

画像に関する議論

マージリクエストのコミットに関する議論

マージリクエストのコミットに対してコメントをすることができます。

マージリクエストのコミットに関する議論

インラインコメントと議論の解決

マージリクエストのインラインコメントを使用すると、コードやテキストのレビューがより高速かつ効果的になります。特定のコード行についてコメントを残し、議論を解決します。GitLab では、マージリクエストのインラインコメントは議論として解釈され、変更されてもされなくても任意の行に残すことができます。すべての議論が解決されたときにのみマージリクエストが承認されるようにプロジェクトを構成できます。

議論の解決の詳細

Git プロトコル v2 サポート

Git のワイヤプロトコルは、クライアントとサーバの間でクローン、フェッチ、プッシュがどのように通信されるかを定義します。Git プロトコル v2 は、フェッチコマンドのパフォーマンスを改善し、将来のプロトコル改善を可能にします。

Git プロトコル v2の詳細

コードレビューダッシュボード

フィルター可能なコードレビューのセット (プロジェクト、ユーザー、ブランチ、ステータス、もしくはそれらの組み合わせ) を含むダッシュボードです。ダッシュボードには、コードレビューのステータスとそれらにアクセスするリンクが含まれます。これにより、目的のサブセットのコードレビューで行われていることを簡単に確認できます。

GitLab でのコードレビュー

貢献者の規約

ユーザーはプロジェクトの変更を送信する前に、1つ以上の貢献者規約に署名する必要があります。

この課題の詳細を確認

ロボットのコメント

自動化されたサードパーティシステムによって生成されるインラインコメントをサポートします。例えば、ロボットのコメントを使用してコードアナライザーの結果を表すことができます。

GitLab のマージリクエストでのストア結果

複数のリポジトリタイプで動作します。

Git, Subversion, Perforce, CVS, Mercurial などの複数のリポジトリタイプをサポートします。

他の SCM からの移行の詳細