ElectricFlow vs GitLab

GitLab compared to other DevOps tools

Electric Cloud Flow はデプロイの自動化, リリースオーケストレーション, DevOps に関する洞察を提供するプラットフォームで、組織が優れたソフトウェアをより迅速に提供できるようにします。基本のプラットフォーム (以前のElectric Commander) は、CI/CD パイプラインを自動化するために多くの組織で使用されています。Electric Cloud はエンドツーエンドの完全な DevOps を主張していますが、このプラットフォームは、ほぼ全ての CI/CD ポイントツールと同様に機能を補完するためにツールチェーン内の他のツールとの多くの統合を必要とします。対照的に、GitLab は DevOps ライフサイクル全体に組み込まれた基本的な拡張機能が事前に統合されています。例えば、セキュリティツールでは Electric Cloud などの他の CI/CD ベンダーが DevSecOps を主張するように、サードパーティのセキュリティツールに統合してダッシュボードを提供しているだけです。GitLab には多くのセキュリティスキャン機能が組み込まれています。

Plugins
Plugins
DevOptics
Plugins
DevOptics
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
DevOptics
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Integration with ServiceNow
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Via Integration
Plugins
Plugins
Via Integration
On Roadmap
Plugins
Plugins
Via Integration
On Roadmap
Plugins
Plugins
Via Integration
On Roadmap
Plugins
Plugins
Via Integration
Plugins
Via Integration
Plugins
Via Integration
Plugins
On Roadmap
Jenkins X
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
On Roadmap
On Roadmap
Via Integration
Plugins
Via Integration
Plugins
Plugins
Jenkins X
Plugins
Via Jenkins X
Plugins
CodeShip
Plugins
Jenkins X
Jenkins X
Jenkins X
Plugins
Via Plugins
Plugins
Plugins
Jenkins X + Plugins
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Jenkins X
Plugins
Plugins
Plugins
Via Integration
On Roadmap
Plugins
Via Integration
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
FEATURES

環境とデプロイメント

GitLab CIを使用すると、ビルドやテストだけではなく、インフラへのデプロイもできます。 また、CIのジョブのタグに似ている、環境を利用するとデプロイ履歴をトラッキングできます。

環境の詳細

環境ごとの権限

本番環境とは別に、開発者やQA担当者はそれぞれの環境に対してデプロイできます。これにより、ビルドエンジニアや運用チームにデプロイを依頼する必要がなくなり、彼らの負担を下げることができます。

GitLabの保護ブランチの詳細

環境履歴

環境履歴を使用するとサーバーに現在、何がデプロイされているのかを確認できます。また、環境の詳細画面では過去のすべてのデプロイ情報を表示できます。 この画面から現在のバージョンを再デプロイしたり、何か問題が発生した場合は、過去の安定バージョンにロールバックすることができます。

環境履歴の詳細

特定環境用の変数

どの環境から変数の値を取得できるのか制限することができます。

特定環境用変数の設定方法の詳細

グループレベル変数

グループレベルで変数を定義し、グループ内のすべてのプロジェクトから使用することができます。

変数の設定方法の詳細

成果物用オブジェクトストレージ

成果物はオブジェクトストレージ (Amazon S3)で保管できます。

成果物をオブジェクトストレージに保管する方法の詳細

CI/CDジョブをWindowsで実行

GitLab RunnerはWindowsをサポートしているので、ジョブをこのプラットフォームでネイティブに実行できます。 PowerShellやバッチファイルを活用することで、Windowsに基づくプロジェクトを自動で構築、テスト、デプロイすることが可能です。

WindowsにGitLab Runnerをインストール

macOSでCI/CDのジョブを実行

GitLab RunnerはmacOSをサポートしているので、このプラットフォーム上でネイティブにジョブを実行できます。 シェルスクリプトやコマンドラインツールを利用して、macOSベースのプロジェクトのビルド、テスト、デプロイを自動化できます。

macOSにGitLab Runnerをインストール

Linux ARMでCI/CDのジョブを実行

GitLab RunnerはARMアーキテクチャのLinuxをサポートしているので、このプラットフォーム上でネイティブにジョブを実行できます。 シェルスクリプトやコマンドラインツールを利用して、Linux ARMベースのプロジェクトのビルド、テスト、デプロイを自動化できます。

LinuxにGitLab Runnerをインストール

FreeBSDでCI/CDのジョブを実行

GitLab RunnerはFreeBSDをサポートしているので、このプラットフォーム上でネイティブにジョブを実行できます。 シェルスクリプトやコマンドラインツールを利用して、FreeBSDベースのプロジェクトのビルド、テスト、デプロイを自動化できます。

FreeBSDにGitLab Runnerをインストール

GitLab CI/CDでの各コマンドの実行時間の詳細

他のCIシステムの中には、ジョブ全体の実行時間に加えて、各コマンドの実行時間を表示できるものがあります。 GitLabにも同様の機能を実装するための検討が行われています。

この課題の詳細を確認

Auto DevOps

Auto DevOps機能を使用すると、ソフトウェア開発ライフサイクルの自動設定が適用されます。 これにより、DevOpsのベストプラクティスに従って、プロジェクトを推進することができます。

Auto DevOpsの詳細なドキュメントを確認

保護Runner

保護Runnerを使用すると、デプロイ用の秘密鍵のような、機密情報を保護することができます。 保護ブランチで実行されるジョブのみが、保護Runnerにアクセスできます。

この課題の詳細を確認

GitLab Geoでグローバルな分散型チームをサポート

開発チームが地理的に複数のロケーションに散らばっていて、GitLabインスタンスが1つの場所にある場合は、 そんな分散型チームのために作られたのがGitLab Geoです。 GitLab Geoは、GitLabインスタンスを読み取り専用でミラーリングし、 大規模なリポジトリの複製と取り出しにかかる時間を削減することで チームでの共同作業を改善します。

GitLab Geoの詳細

拡張アーキテクチャのサポート

GitLab Premiumには、複数のノードにまたがるGitLabサービスの拡張機能が含まれており、冗長性を提供します。 GitLabはリファレンスアーキテクチャを提供しており、必要に応じて最適なアーキテクチャを簡単に決定することができます。

GitLab の拡張アーキテクチャの詳細

デプロイボード

GitLab Premium には Deploy ボードが付属しており、Kubernetes 上で実行している各 CI/CD 環境の現在の健全性とステータスを統合的に表示します。Kubernetesにアクセスすることなく、 最新デプロイのそれぞれのpodの稼働状況をGitLab内でシームレスに表示できます。

デプロイボードの詳細

定期的かつ手動でのインクリメンタルなロールアウトデプロイメント

GitLab を使うと、数個のわずかな Pod から開始して Kubernetes上に新しいバージョンのアプリケーションをデプロイし、全てが正常に機能している場合は割合を増やすことができます。これは、スケジュールに従って続行するか、入力のために一時停止して続行するように構成できます。

インクリメンタルなロールアウトデプロイメントの設定の詳細

カナリアデプロイメント

GitLab Premiumでは、Kubernetesにアプリケーションをデプロイしている場合は、 カナリアデプロイメントを監視できます。

カナリアデプロイメントの設定の詳細

最小限のCI/CDの設定

GitLab CI/CDは、Jenkinsのようなツールで同様のパイプラインを実行する場合と比べて、より少ない設定で済みます。

GitLab CI/CDの詳細

複合的なインテグレーション

GitLabは、認証と認可 (LDAP / AD) メカニズムのほか、複数のサードパーティによるサービスやCI/CD、そしてALMやPLM、またアジャイルおよび自動化ツールなどの様々なツールと連携できます。

GitLabの連携機能の詳細

簡単なアップグレードプロセス

GitLab公式のLinuxリポジトリまたはDockerイメージを使用することで、いとも簡単にGitLabをアップグレードできます。

GitLabインスタンスのアップグレード方法の詳細

コミュニティベースでの開発

GitLabには公開されている課題管理システムがあります。GitLab自身の課題だけではなく、インフラやマーケティングに関する課題も公開されています。

GitLabのすべてのコントリビューターを表示

Kubernetesクラスター監視

接続しているKubernetesクラスターの主要なメトリクスを監視できます。

クラスター監視の詳細

ChatOps

チャットから直接一般的なアクションを実行し、チャットに実行結果を出力することができます。

ChatOpsの詳細

2要素認証(2FA)を強制

2要素認証を有効にすると、パスワードでの認証に加えて2番目の認証が必要となるので、あなたのアカウントを安全にできます。たとえあなたのパスワードが侵害されても、2番目の認証があなたのアカウントを守ってくれます。2要素認証を強制することで、すべてのユーザーに2要素認証を使用させることができます。

GitLabで2FAを強制の詳細

ドメイン固有言語

インフラ構成を定義するためのドメイン固有言語(DSL)は、ファイルやコマンドではなく、リソースで考えることで、手続き的なコードではなく、宣言的なコードを書くことを可能にします。