Crucible vs GitLab

GitLab compared to other DevOps tools

このページのコンテンツ

要約

Atlassian Crucible is a collaborative code review application. Like other Atlassian products, Crucible is a Web-based application primarily aimed at enterprise, and certain features that enable peer review of a codebase may be considered enterprise social software. Crucible is particularly tailored to distributed teams, and facilitates asynchronous review and commenting on code. Crucible also integrates with popular source control tools such as Git and Subversion. Crucible is not open source, but customers are allowed to view and modify the code for their own use. (derived from Crucible wikipedia page)

Like Crucible, GitLab provides code review features, and also is optimized to help large (and small) teams work asynchronously. In addition to code review capabilities, GitLab also provides a Git based source code repository, issue tracking and management, CI/CD built-in, security testing, packaging, release, configuration, and monitoring, all within a single application covering the entire DevOps lifecycle.

リソース

料金

比較

FEATURES

マージリクエストの承認を必須にする

プロジェクトで複数の承認が必要な場合、マージ前にすべてのマージリクエストを承認する必要があります。 必要な承認の数を設定し、特定の承認者のリストを事前に定義することで、マージリクエストの承認を必須にすることができます。 これにより、コードの品質と標準への準拠を保証することができます。

マージリクエストの承認の詳細

コードレビューを複数人で承認

GitLab では厳密なコードレビューを保証するために、マージリクエストをマージする前に、 マージリクエストに対して様々なユーザーからの特定の数の承認 を要求することができます。一度承認した後で問題に気がついた場合は、承認を取り消すこともできます。

承認機能のドキュメント

コードレビューの承認ルール

適格な承認者のリスト、それぞれの承認数の最小値、 およびどのターゲットブランチを保護するかを指定して、 承認ルールに沿って適切な人がマージリクエストをレビューするようにします。これにより、 エンジニアリング、UX、プロダクトといった異なるチームにレビューを依頼することが容易になります。

承認機能のドキュメント

任意のマージリクエストの承認

良好な状態のマージリクエストを承認することは、レビュープロセスの重要な部分であり、変更をマージして良いことを明確に伝えることができます。

任意のマージリクエストの承認の詳細

コードオーナー

ファイルにコードオーナーを割り当てて、 `CODEOWNERS` ファイルを使用してプロジェクトのコードを担当するチームメンバーを指定します。コードオーナーはマージリクエストの承認者として自動的に割り当てられ、必要に応じて設定し、ファイルを表示するときにそれらを表示できます。

コードオーナーの詳細

コードオーナーセクション

コードオーナーセクションでは、各チームが独自のコードオーナー 設定を独立して行うことができ、複数のチームがコードベースの共通 部分を管理することができます。

コードオーナーセクションの詳細

複数行の差分にコメント

複数行にわたる差分にマージリクエストでコメントすることができます。

画像に関する議論

コミット画面やマージリクエストの差分画面で、画像の特定の位置を指定して、画像に関する議論をコメントできます。1つの画像に対して複数の議論を作成できます。

画像に関する議論

マージリクエストのコミットに関する議論

マージリクエストのコミットに対してコメントをすることができます。

マージリクエストのコミットに関する議論

インラインコメントと議論の解決

マージリクエストのインラインコメントを使用すると、コードやテキストのレビューがより高速かつ効果的になります。特定のコード行についてコメントを残し、議論を解決します。GitLab では、マージリクエストのインラインコメントは議論として解釈され、変更されてもされなくても任意の行に残すことができます。すべての議論が解決されたときにのみマージリクエストが承認されるようにプロジェクトを構成できます。

議論の解決の詳細

コードレビューダッシュボード

フィルター可能なコードレビューのセット (プロジェクト、ユーザー、ブランチ、ステータス、もしくはそれらの組み合わせ) を含むダッシュボードです。ダッシュボードには、コードレビューのステータスとそれらにアクセスするリンクが含まれます。これにより、目的のサブセットのコードレビューで行われていることを簡単に確認できます。

GitLab でのコードレビュー

貢献者の規約

ユーザーはプロジェクトの変更を送信する前に、1つ以上の貢献者規約に署名する必要があります。

この課題の詳細を確認

ロボットのコメント

自動化されたサードパーティシステムによって生成されるインラインコメントをサポートします。例えば、ロボットのコメントを使用してコードアナライザーの結果を表すことができます。

GitLab のマージリクエストでのストア結果

複数のリポジトリタイプで動作します。

Git, Subversion, Perforce, CVS, Mercurial などの複数のリポジトリタイプをサポートします。

他の SCM からの移行の詳細