AWS CodeStarとGitLabの比較 | GitLab.JP

このページでは、AWS CodeStarとGitLabを比較しています。それぞれの強みや不足部分を確認して、判断材料にしてください。

AWS CodeStarは、事前に設定された継続的デリバリーツールチェインを提供することで、あなたがAWSでアプリケーションを開発・ビルド・デプロイするのに役立ちます。様々なロールの組み込みのセキュリティポリシーにより、コードへのアクセスを安全に保つことが出来ます。また、プロジェクトのダッシュボードでアプリケーションのアクティビティをまとめて監視できます。AWS CodeStarダッシュボードのJIRA連携機能を使用するには、JIRAの課題を作成・管理する権限が必要です。GitLab is a complete DevOps platform, delivered as a single application, providing CI/CD plus issue tracking for any SLDC, including those built on AWS.

FEATURES

共有Runner、または個別RunnerでのCI/CDが無料

GitLab.comが提供する共有Runnerを使用して、プライベートプロジェクトでは毎月2000分までのCI/CDを、パブリックプロジェクトでは時間無制限のCI/CDを無料で利用できます。さらに、より高速なビルド、時間無制限のビルド、特殊な要件などに対応するために個別Runnerをセットアップして使用することもできます。

GitLab.comのプランを表示

アプリケーションのパフォーマンス監視

Prometheusを利用して、GitLabはデプロイしたアプリケーションのパフォーマンスメトリクスを収集し表示できます。開発者はマージが本番環境に与える影響を、GitLabから離れることなく、簡単に確認できます。

デプロイしたアプリケーションの監視の詳細

アプリケーションのパフォーマンスに関するアラート

GitLab を使うと、エンジニアはソースコードを書くのと同じワークフローで、サービスレベルインジケータアラートをシームレスに作成し、必要なイベントを通知できます。

SLI アラートの作成についてさらに学んでください。

Review Appsで変更をプレビュー

GitLab CI/CDを利用して、ブランチごとに新しい環境を作成することができ、開発プロセスを高速化できます。 自分のブランチをプレビューできるマージリクエスト用の動的な環境を起動できます。Review Apps support both static and dynamic URLs.

Review Appsの詳細

包括的なAPI

GitLabは、インテグレーションの開発を可能にするために、多くの機能をAPIとして提供しています。

APIのドキュメントを表示

コンテナや Docker を用いたビルド

GitLabは、GitLab独自のコンテナレジストリとDocker CI Runnerを搭載しているため、それだけでCI/CDでのコンテナワークフローを完結できます。つまり追加のプラグインをインストール、設定、管理する必要はありません。

柔軟なパイプライングラフ

複数のジョブを直列、または並列に実行するパイプラインの構造は非常に複雑です。 GitLabでは単一のパイプライングラフですべてのジョブのステータスを表示できるので、 何が起こっているのかを簡単に確認できます。

パイプライングラフの詳細

パイプラインをスケジュール実行

cronのように、パイプラインをスケジュール実行できます。

GitLabでパイプラインがスケジュール実行される仕組の詳細

複数プロジェクトのパイプライングラフ

マイクロサービスアーキテクチャでは、パイプラインの設計はより複雑なものになります。 複数プロジェクトのパイプライングラフを使用すると、アップストリームとダウンストリームのパイプラインが、プロジェクトのトリガーを通して、どのように協調しているのかを表示することができます。

複数プロジェクトのパイプライングラフの詳細

CI/CDジョブをWindowsで実行

GitLab RunnerはWindowsをサポートしているので、ジョブをこのプラットフォームでネイティブに実行できます。 PowerShellやバッチファイルを活用することで、Windowsに基づくプロジェクトを自動で構築、テスト、デプロイすることが可能です。

WindowsにGitLab Runnerをインストール

macOSでCI/CDのジョブを実行

GitLab RunnerはmacOSをサポートしているので、このプラットフォーム上でネイティブにジョブを実行できます。 シェルスクリプトやコマンドラインツールを利用して、macOSベースのプロジェクトのビルド、テスト、デプロイを自動化できます。

macOSにGitLab Runnerをインストール

構築済みのKubernetesクラスタと容易に連携

構築済みのKubernetesクラスターをプロジェクトに追加できます。CI/CDパイプラインから、 追加したKubernetesクラスターへ簡単にアクセスでき、Review Appsをホストしたり、アプリケーションをデプロイしたりすることができます。

この課題の詳細を確認

最小限のCI/CDの設定

GitLab CI/CDは、Jenkinsのようなツールで同様のパイプラインを実行する場合と比べて、より少ない設定で済みます。

GitLab CI/CDの詳細

Kubernetes podログの表示

生成されたログファイルにより、サーバ、アプリケーション、ネットワーク、セキュリティデバイスを監視し、エラーや問題を特定して分析します。GitLab では、接続された Kubernetes クラスタ内で実行中の Pod のログを簡単に見ることができる。GitLab でログを直接表示することで、開発者はコンソールツールを管理したり、別のインタフェイスにジャンプする必要がなくなります。

Kubernetes podログの表示の詳細

Windows Container Executor

この機能を使用すると、Linux ホスト上と同じように Windows 上で Docker コンテナを直接使用できます。これにより、Microsoft プラットフォームのユーザーは、より高度なパイプラインの調整と管理が可能になります。

Windows Container Executor の詳細

Visual Reviews

Visual Review allow users to give feedback on a proposed change in a Merge Request directly from the Review App itself. This feature enables designers, Product Managers, and other stakeholders to comment on the changes to the look and feel / user experience of a change just as easily and quickly as developers working in the MR.

Learn more about Visual Reviews