BasecampとGitLabの比較 | GitLab.JP

このページでは、BasecampとGitLabを比較しています。それぞれの強みや不足部分を確認して、判断材料にしてください。

Basecamp は、Slack、メール、Google ドキュメントなどのツールを排除するために設計されたプロジェクト管理/コラボレーションツールです。これにより、プロジェクトチームとその顧客がプロジェクトタスクを共有、共同作業、完了しやすくなります。.

FEATURES logo-horizontal

課題

複数の課題のステータスや担当者やマイルストーンを素早く一括で設定でき、設定した値で簡単に絞り込みができます。プロジェクトを横断して、マイルストーンや課題を表示できます。

課題管理の詳細

スレッドによる議論

課題、マージリクエスト、エピックでのスレッド化された議論と連携します。

スレッドを用いた議論の詳細

新たな課題をメールで通知

課題のタイトルと説明を記載したメールを送信することで、課題の作成ができます。

メールから課題を作成

カスタム通知

課題やマージリクエストに変更があると、メールやSlackやTodoで通知できます。

カスタム通知の詳細

Todos

ユーザーが課題やマージリクエストでメンションされたりアサインされると、そのユーザーの Todo List に表示されます。これにより開発ワークフローをより素早く簡単に追跡することができます。

Todoの詳細

タスクのドラック&ドロップ

Drag and drop tasks in a task list.

この機能に関するGitLabの課題を表示

ヒルチャート状況レポート

ヒルチャートを使用すると、作業項目、課題、プロジェクトに関する一般的なステータスを簡単に報告できます。ヒルチャートの頂上の手前では不確定要素と未知要素が多く、ヒルチャートの頂上からの後半部では、より少ないリスクと未知要素でクリアに実行が進みます。

プロジェクト課題ボード

GitLabには、課題のラベルをベースに課題をリストを表示する、課題ボードがあります。課題ボードは課題管理をよりユーザーフレンドリーな形で提供するものです。

GitLab課題ボードの詳細

グループ課題ボード

グループレベルの課題ボードを使用して、グループのすべてのプロジェクトの課題を一度に表示できます。

グループ課題ボードの詳細

複数のプロジェクト課題ボード

大きな組織では、数百を超えるプロジェクトが、同時に動いていることも珍しくはありません。GitLab Enterprise Edition allows for multiple Issue Boards for a single project so you can plan, organize, and visualize a workflow for a feature or product release. 複数の課題ボードは、複数チームで使用する場合や、1つのリポジトリで複数の製品コードを管理している場合に、特に役に立ちます。

複数のプロジェクト課題ボード

マージリクエストのコミットに関する議論

マージリクエストのコミットに対してコメントをすることができます。

マージリクエストのコミットに関する議論

Review Appsで変更をプレビュー

GitLab CI/CDを利用して、ブランチごとに新しい環境を作成することができ、開発プロセスを高速化できます。 自分のブランチをプレビューできるマージリクエスト用の動的な環境を起動できます。Review Apps support both static and dynamic URLs.

Review Appsの詳細

仕掛中のマージリクエスト (WIP)

仕掛中のマージリクエストを間違えてマージすることができないように、マージリクエストを仕掛中(WIP)としてマークできます。これにより、仕掛中の変更であっても安心してレビューの依頼ができます。

WIPマージリクエストの詳細