AWS Opsworks vs GitLab

GitLab compared to other DevOps tools

このページのコンテンツ

要約

AWS OpsWorks is a cloud computing service from Amazon Web Services (AWS) that manages infrastructure deployment for cloud administrators. It automates deployment, configurations and operational tasks for distributed applications. With OpsWorks, cloud administrators and developers can define the infrastructure and resource configurations, such as storage and database options, and then select the operating system and instance type on which to deploy the application.

GitLab is a single application for the whole DevOps lifecycle that includes not only configuration management, but also capabilities for project management, source code management, CI/CD, and monitoring. GitLab is designed for Kubernetes and cloud native applications.

リソース

FEATURES

クラウドネイティブ

GitLabとGitLab CI/CDはクラウドネイティブな設計で開発されています。GitLab は Kubernetes 上に簡単にデプロイできます。また、Gitlab を使用してアプリケーションをそのまま Kubernetes に対しデプロイできます。

Kubernetes 連携

CMモデリング

CM モデリングは、IT サービス資産、構成アイテム、インフラストラクチャ間の相互作用を統合する概念です。サービス、インフラストラクチャ、資産の相互作用と関係を示し、インシデントと問題の根本原因を簡単に特定できます。

自動化設定

構成管理の自動化は、ツール固有の言語と機能によりスクリプトをプロビジョニングすることでサーバーを定義済みの望ましい状態に到達させるために使用され、ユーザーが担当するすべてのシステムが正確で一貫した方法で構成されるようにします。

監視設定

CMモニタリングには、設計および生産中の構成項目の記述(ハードウェア、ソフトウェア、ファームウェアなど)およびベースラインからのすべての逸脱を記録し、報告するプロセスが含まれます。 問題が発見された場合、ベースライン構成の検証と承認された修正を迅速に決定することができます。

ガバナンス設定

CM ガバナンスは、確立されたパフォーマンス要件、商業的および適切な政府標準、機能、割り当て、製品のベースラインへの準拠を評価するレビューです。構成ガバナンスは、アーキテクチャーベースラインに受け入れられる前にシステム/サブシステムの構成ドキュメントが機能的/物理的なパフォーマンス特性に準拠していることを確認します。