Red Hat Ansible TowerとGitLabの比較 | GitLab.JP

このページでは、Red Hat Ansible TowerとGitLabを比較しています。それぞれの強みや不足部分を確認して、判断材料にしてください。

Ansible は、構成管理とインフラストラクチャのプロビジョニングに使用できる自動化言語およびツールです。大規模インフラストラクチャのデプロイと状態のモニタリングが可能になります。Ansible excels as managing legacy infrastructure like physical servers and VMs. Although Ansible provides container support with Docker integration, Ansible does not implement Kubernetes natively and instead relies on a module to support Kubernetes.

GitLab is a complete DevOps platform, delivered as a single application that includes not only configuration management, but also capabilities for project management, source code management, CI/CD, and monitoring. GitLab は Kubernetes およびクラウドネイティブアプリケーション向けに設計されています。GitLab と Ansibleを使用して、VM やベアメタルの構成管理を有効にできます。For Cloud Native applications run on Kubernetes, Ansible is not required and GitLab can provide all the functionality natively.

FEATURES

AD/LDAP連携

他グループとの同期、SSHキーの管理、許可や認証の管理などが可能です。GitLabインスタンスのすべてをAD/LDAP連携によって管理できます

AD/LDAP連携の詳細

詳細なユーザーの役割と柔軟な権限

5つのユーザーの役割と外部ユーザーの設定により、プロジェクトへのアクセスと権限を管理できます。ユーザーに設定した役割に従って、リポジトリへの読み取り・書き込みの権限を制御することができます。ソースコードへのアクセスが不要なユーザーには、課題管理システムへのアクセスのみを許可することができます。

ユーザーロールの詳細

クラウドネイティブ

GitLabとGitLab CI/CDはクラウドネイティブな設計で開発されています。GitLab は Kubernetes 上に簡単にデプロイできます。また、Gitlab を使用してアプリケーションをそのまま Kubernetes に対しデプロイできます。

Kubernetes 連携

Auto DevOps

Auto DevOps機能を使用すると、ソフトウェア開発ライフサイクルの自動設定が適用されます。 これにより、DevOpsのベストプラクティスに従って、プロジェクトを推進することができます。

Auto DevOpsの詳細なドキュメントを確認

デプロイボード

GitLab Premium には Deploy ボードが付属しており、Kubernetes 上で実行している各 CI/CD 環境の現在の健全性とステータスを統合的に表示します。Kubernetesにアクセスすることなく、 最新デプロイのそれぞれのpodの稼働状況をGitLab内でシームレスに表示できます。

デプロイボードの詳細

カナリアデプロイメント

GitLab Enterprise Edition Premiumでは、Kubernetesにアプリケーションをデプロイしている場合は、 カナリアデプロイメントを監視できます。

カナリアデプロイメントの設定の詳細

Configuration Modeling

CM モデリングは、IT サービス資産、構成アイテム、インフラストラクチャ間の相互作用を統合する概念です。サービス、インフラストラクチャ、資産の相互作用と関係を示し、インシデントと問題の根本原因を簡単に特定できます。

自動化設定

構成管理の自動化は、ツール固有の言語と機能によりスクリプトをプロビジョニングすることでサーバーを定義済みの望ましい状態に到達させるために使用され、ユーザーが担当するすべてのシステムが正確で一貫した方法で構成されるようにします。

監視設定

CM 監視には、構成アイテムの説明 (ハードウェア、ソフトウェア、ファームウェアなど) と設計/製造中のベースラインからのすべてのずれの記録/報告プロセスが含まれます。問題が検出された場合、ベースライン構成と承認された変更の検証を迅速に決定できます。

ガバナンス設定

CM ガバナンスは、確立されたパフォーマンス要件、商業的および適切な政府標準、機能、割り当て、製品のベースラインへの準拠を評価するレビューです。構成ガバナンスは、アーキテクチャーベースラインに受け入れられる前にシステム/サブシステムの構成ドキュメントが機能的/物理的なパフォーマンス特性に準拠していることを確認します。