LaunchDarklyとGitLabの比較

On this page

Summary

Launchdarkly is a feature delivery and feature management service offering. This means that the service they provide allows their customers to dynamically control when new features (within their application) become available to their end users. Launchdarkly’s service offering represents a tool within the DevOps Toolchain that aligns within the Continuous Delivery (CD) tool category.

Strengths

Launchdarkly provides a very sophisticated feature management service that enables Development and Operations teams to deliver code faster with minimal risk by using feature flags to deploy code when they want while keeping new features hidden until product and marketing teams are ready to share. Their service allows customers to take full control of feature releases through:

-Fast feature delivery: separating code deployments from feature deliveries

-Incremental changes: controlling feature rollouts into predefined stages and slowly test the functionality within production before confirming it’s safe to proceed to the next step

-Canary launches: rolling features out to a small number of users to assess the reaction of the overall system (also known as Percentage Releases)

-Dynamic feature control: coordinating and delegating release control to other teams in your organization, turning off features when they are causing performance issues or poor user experiences (feature kill switch), and retiring features.

-Automated feature delivery: setup scripts that automatically turn features off/on or adjust a flag’s targeting rules based on metrics from Application Performance Management (APM) tools

-Analytics: providing deep insights across all features and how they are performing with Flag Insights; understanding how the application and team members are using LaunchDarkly.

Gaps

Launchdarkly is a niche solution that must be overlaid within a customer's existing DevOps Toolchain. Though they do provide more comprehensive feature flag configuration capabilities, they lack:

-A Holistic DevOps Solution: unable to meet customers complete DevOps needs with a single application Toolchain

-Reasonable/Economical pricing: high per-user price point for a single tool (Launchdarkly’s pricing starts at $90/user for their lower tier plan, $390/user for their mid-tier plan and they don't offer a free base tier)

-Industry recognition: no industry recognition by research and advisory bodies such as Gartner and Forrester.

-Meeting/Phone Support: no option to request escalating a technical support inquiry to a troubleshooting call/meeting

Gitlab’s DevOps Toolchain includes feature flags for feature management as Launchdarkly does. Unlike Launchdarkly, Gitlab’s Toolchain offers deeper features/functionalities necessary for quickly delivering high quality applications and services for the entire software lifecycle in a single application. Examples of GitLab features/functionalities that are not offered by Launchdarkly include Source Code Management (SCM), Continuous Integration (CI) and Security Embedded within the DevOps workflow (DevSecOps).

Resources

Launchdarkly.com

Launchdarkly Pricing

Launchdarkly Wikipedia

Comparison

機能

フィーチャーフラグ

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

この機能を使うと、ソフトウェアのフィーチャーフラグを製品内で直接設定・監査・管理することができます。 新しいフィーチャーフラグを作成し、ソフトウェア内の簡単な API の指示で検証するだけで、 GitLab 内のフィーチャーフラグを使ってソフトウェアの動作を制御することができます。 フィーチャーフラグの戦略は環境ごとに設定することができます。 GitLab のフィーチャーフラグには、フィーチャーフラグを操作するためのAPI が含まれています。

フィーチャーフラグの詳細

フィーチャーフラグのパーセンテージロールアウト戦略

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

フィーチャーフラグのロールアウト戦略として「パーセンテージ ロールアウト」を選択できます。 パーセンテージ ロールアウトでは、環境とフラグごとにパーセンテージを個別に設定することができます。 パーセンテージ ロールアウトが設定され、フラグが有効になっている場合は、設定されたパーセンテージのログイン ユーザーに機能が表示されます。 これにより、ターゲット環境の動作を監視して、期待通りの結果が得られるように制御されたロールアウトを行うことができます。

フィーチャーフラグのパーセンテージロールアウトの詳細

フィーチャーフラグ用のユーザーIDロールアウト戦略

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

フィーチャーフラグのロールアウト戦略として「ユーザID」を選択することができます。 ユーザーID戦略では、ユーザーIDをカンマで区切ったリストを指定し、指定したユーザーのみにフィーチャーフラグを有効にすることができます。 これにより、ユーザーベースの特定のコホートやセグメントをターゲットにして、機能をテストすることができます。

フィーチャーフラグ用のユーザーIDロールアウトの詳細

環境ごとに複数の戦略を設定する

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

APIやUIを介して、環境に依存しない複数の戦略を定義することができます。

環境ごとのフィーチャーフラグ戦略の設定の詳細

* このページの情報は最新ではありません。最新の情報は 本家サイト をご確認ください。

GitLabはGitLab, Inc.の商標です。その他のすべての商標・ロゴマークの権利はそれぞれの所有者に帰属します。

GitLabはオープンコア

GitLabの競合製品のほとんどはソースコードを公開していませんが、GitLabはオープンコア製品です。 GitLabコミュニティエディションは完全なオープンソースで、 GitLabエンタープライズエディションはオープンコア(プロプライエタリ)です。

ソースコードにアクセス

クローズドソースなソフトウェアと異なり、 コミュニティエディションエンタープライズエディションの ソースコードを確認したり、修正することができます。 機能の追加やカスタマイズのために、サーバーのソースコードを修正したり、GitLabのリポジトリをフォークすることができます。 独自に実施した変更はメインのソースコードにフィードバックし、マージされるように挑戦することを推奨します。 それにより、他のユーザーの役に立つ上に、自身のインスタンスのアップデート作業を簡単に保つことができます。

コミュニティからの貢献

GitLabには毎月数百人からの貢献があります。 顧客・ユーザー・GitLab社員のすべてが毎月のリリースに貢献しています。 このことは、簡単に使用できる便利なユーザー管理のような、 組織にとって本当に必要な機能の開発に役立っています。

長期利用に最適

GitLabは、数十万の組織が利用し、頻繁にソフトウェアへ貢献しています。 GitLabには堅牢なコミュニティが存在します。 つまり、GitLabは単一企業のサポートに依存していないので、 長期利用に適しています。

毎月、新しい安定版がリリース

毎月、機能の改善と新機能の追加と不具合の修正のすべてが適用された、 GitLabの新しい安定版がリリースされます。 これにより、GitLabはとても迅速に顧客の要望に応えることができます。

GitLab(有償版)に関するご質問は「クリエーションライン」にお問合せください。

クリエーションラインはGitLabの国内初の正規代理店で、GitLabの日本語サポートを提供しています。

Gitlab x icon svg