CodeShipとGitLabの比較

On this page

Overview

Plugins
Plugins
DevOptics
Plugins
DevOptics
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
DevOptics
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Integration with ServiceNow
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Via Integration
Plugins
Plugins
Via Integration
On Roadmap
Plugins
Plugins
Via Integration
On Roadmap
Plugins
Plugins
Via Integration
On Roadmap
Plugins
Plugins
Via Integration
Plugins
Via Integration
Plugins
Via Integration
Plugins
On Roadmap
Jenkins X
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
On Roadmap
On Roadmap
Via Integration
Plugins
Via Integration
Plugins
Plugins
Jenkins X
Plugins
Via Jenkins X
Plugins
CodeShip
Plugins
Jenkins X
Jenkins X
Jenkins X
Plugins
Via Plugins
Plugins
Plugins
Jenkins X + Plugins
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
Plugins
Plugins
Plugins
Plugins
Jenkins X
Plugins
Plugins
Plugins
Via Integration
On Roadmap
Plugins
Via Integration
On Roadmap
Plugins
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap

Summary

CodeShip is a continuous integration solution that lets you get your builds setup and working in just a few minutes with a simple UI and a turnkey environment. From there, you can grow your projects over time to use more sophisticated workflows and setups.

On February 6, 2018 CodeShip was acquired by Cloudbees.

Response to the CodeShip Comparison Blog Post

CodeShip from Cloudbees created a web page that compared CodeShip Pro to GitLab CI. Our goal is to ensure that the comparison information is as accurate as possible. Below is a list of the items from the CodeShip comparison that were incorrect and GitLab's true capabilities in these areas.

  • Complete control over your build environment - This 100% applies to GitLab. GitLab also has a built-in container registry.
  • Dedicated & Flexible Build Machines - GitLab’s runner architecture lets you run on whatever machines you want. In fact Gitlab can auto-scale.
  • Parallel Testing - This is a core capability of GitLab. For more on this, see our Ticketmaster Case Study.
  • Debugging via SSH Access - GitLab has this capability
  • Pre-configured Deployments - GitLab has this capability with our Auto DevOps feature. Auto DevOps simplifies and accelerates delivery with a complete delivery pipeline out of the box. Simply commit code and GitLab does the rest.

Resources

Pricing

  • CodeShip Pricing
    • All Codeship users get unlimited users, teams and projects
    • You can use up to 100 builds per month for free, with unlimited projects and unlimited team members.
    • You can pay for more concurrent builds and more parallel pipelines, or larger instance sizes
機能

* このページの情報は最新ではありません。最新の情報は 本家サイト をご確認ください。

GitLabはGitLab, Inc.の商標です。その他のすべての商標・ロゴマークの権利はそれぞれの所有者に帰属します。

GitLabはオープンコア

GitLabの競合製品のほとんどはソースコードを公開していませんが、GitLabはオープンコア製品です。 GitLabコミュニティエディションは完全なオープンソースで、 GitLabエンタープライズエディションはオープンコア(プロプライエタリ)です。

ソースコードにアクセス

クローズドソースなソフトウェアと異なり、 コミュニティエディションエンタープライズエディションの ソースコードを確認したり、修正することができます。 機能の追加やカスタマイズのために、サーバーのソースコードを修正したり、GitLabのリポジトリをフォークすることができます。 独自に実施した変更はメインのソースコードにフィードバックし、マージされるように挑戦することを推奨します。 それにより、他のユーザーの役に立つ上に、自身のインスタンスのアップデート作業を簡単に保つことができます。

コミュニティからの貢献

GitLabには毎月数百人からの貢献があります。 顧客・ユーザー・GitLab社員のすべてが毎月のリリースに貢献しています。 このことは、簡単に使用できる便利なユーザー管理のような、 組織にとって本当に必要な機能の開発に役立っています。

長期利用に最適

GitLabは、数十万の組織が利用し、頻繁にソフトウェアへ貢献しています。 GitLabには堅牢なコミュニティが存在します。 つまり、GitLabは単一企業のサポートに依存していないので、 長期利用に適しています。

毎月、新しい安定版がリリース

毎月、機能の改善と新機能の追加と不具合の修正のすべてが適用された、 GitLabの新しい安定版がリリースされます。 これにより、GitLabはとても迅速に顧客の要望に応えることができます。

日本語でのサポートが必要な場合は 国内正規販売代理店 へお問い合せください。

無料で30日間、 GitLab Ultimate を試用できます。