Atlassian BitbucketとGitLabの比較

このページのコンテンツ

概要

On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
On Roadmap
Marketplace
Marketplace
Marketplace
On Roadmap
Marketplace
On Roadmap
Marketplace
Marketplace
Marketplace
On Roadmap
Marketplace
On Roadmap
Marketplace
On Roadmap
Marketplace
Marketplace
Marketplace
Marketplace
On Roadmap
Marketplace
Marketplace
Marketplace
Marketplace
Marketplace
Marketplace
Marketplace
Marketplace
On Roadmap
Marketplace
On Roadmap
Marketplace
Marketplace
Marketplace
On Roadmap
Marketplace
On Roadmap
Marketplace
Marketplace
Marketplace
Marketplace
Marketplace
Marketplace
On Roadmap
Marketplace
On Roadmap
Marketplace
On Roadmap
Marketplace
Data Center
On Roadmap
Marketplace
On Roadmap
On Roadmap
Marketplace
On Roadmap
Marketplace
On Roadmap
Marketplace
On Roadmap
Marketplace
On Roadmap
Marketplace
On Roadmap
Marketplace
On Roadmap
Marketplace

要約

Atlassian Bitbucket は、チームに Git コード管理を提供するだけでなく、プロジェクトの計画、コードの共同作業、テスト、デプロイを行う場所を提供します。SaaS型(Bitbucket Cloud)とセルフマネージド型(Bitbucket Server)で販売されていますが、同じ製品ではありません。Bitbucket Serverは単純にStashのリブランディングです。2つの製品は、2つの異なる言語(SaaS型はPython、セルフマネージド型はJava)で書かれた全く異なるコードベースであり、機能の同一性を維持していません。コードベースが別々なので、それぞれが全く異なるAPIを持っているため、統合するのが非常に難しくなっています。

BitbucketはMercurialやGitをサポートしていますが、SVNはサポートしていません。GitLabはMercurialやSVNをサポートしていません。 GitLabは、プロジェクト管理、ソースコード管理、CI/CD、モニタリングなどを内蔵し、オールインワンのアプリケーションとして提供される完全なDevOpsプラットフォームです。Bitbucketはソースコードの管理機能だけを提供します。プロジェクト管理には Atlassian Jira を使用し、CI/CDにはBambooを使用する必要があります。Atlassian はモニタリングソリューションを提供していません。さらに、GitLab Ultimateには、SAST、DAST、コンテナスキャン、依存性スキャン、ライセンスコンプライアンス、機密情報の検出などの強固な組み込みセキュリティ機能が搭載されています。Bitbucketはこれらの機能をサポートしておらず、Atlassianはこれらの機能をサポートする製品を持っていません。

また、GitLabは「オンプレミス」のセルフマネージド版と「クラウド」のSaaS版も提供しています。GitLab は、セルフマネージド版とSaaS版で、まったく同じソースコードを使用しています。これは、顧客がセルフマネージド版からSaaS版への移行を比較的簡単に行うことができ、相互に同等性の機能を維持していることを意味します。

GitLabは、この5年間で世界中のインターネット検索からの関心が高まっています。(DevOpsへの強い関心を示唆しています)

2018年から2019年にかけて、バージョン管理システムとしてのGitLabの採用率が21%増加したのに対し、Atlassian Bitbucketの採用率は11%減少しています。これは、Jetbrains Developer EcosystemのThe Next Stack's analysisが出典です。

不足部分

  • Bitbucketのネイティブ機能を拡張するには、プラグインを使用します。プラグインの維持・セキュリティ・アップグレードにはコストがかかります。対照的に、GitLabはオープンコアであり、誰もが直接コードベースに変更を投稿することができ、一度マージされれば変更のたびに自動的にテストされ、メンテナンスされます。

AtlassianのBitbucket比較ページへの反応

AtlassianにはBitbucketとGitLabの比較ページがあります。今回のアップデートは、正しい製品提供が比較されていることを確認するためのものです(GitLab.com、GitLabセルフマネージド、Bitbucket Cloud、Bitbucket Serverなど)。

  • クラウドへの対応 - このサイトでは、GitLab はクラウドのために作られたものではないと主張していますが、これはいささか誤解を招くものです。GitLabは、GitLab.comのような「クラウド」環境をはじめとする、様々な環境で動作するように構築されたオールインワンアプリケーションです。さらに、GitLab.com のようにデプロイ時のダウンタイムをゼロにすることも可能です。また、Bitbucket CloudとBitbucket Serverは、異なるアーキテクチャ(つまりコードベース)であり、機能的にも分離しています。詳しくはBitbucket Rebrand FAQ(2018年1月更新)をご覧ください。
  • クラス最高の JIRA 連携 - Bitbucket が最高の JIRA との連携を提供していることは最もなことです。GitLabは計画からモニタリングまでをカバーするオールインワンアプリケーションであり、GitLabの課題管理機能はアイデア管理、反復計画、課題追跡、ソフトウェア開発のための強力なツールとなっています。しかし、多くの組織が長年JIRAを使用しており、既存のデータやビジネスプロセスが組み込まれていることを認識しています。私たちの目標は、GitLab を JIRA とシームレスに連携させ、可能な限り最高の統合を提供し、現在の Atlassian スイートが提供するものよりも優れたものにすることです。詳細は JIRA 連携ページをご覧ください。
  • Code Aware Search Beta - Code Aware Searchは、検索用語にマッチする定義が用途や変数名よりも優先されるようにする機能です。GitLabには現在この機能はありませんが、GitLab 11.1のリリースではコード検索をより良いものにしました。高度な検索構文の強化により、ファイル名、パス、拡張子でフィルタリングできるようになり、適切なファイルを素早く見つけられるようになりました。
  • Mercurial - サポートします。上記の「概要」の項目を参照してください。
  • Bitbucket UIアドオン連携 - N/A

コメント/逸話

  • Bitbucket CloudとBitbucket Server/Data Centerは2つの異なる製品であり、Atlassianはクラウドの方に注力しているという証拠:
    • Atlassianからの情報、Bitbucket CloudとBitbucket Serverは異なるアーキテクチャ(つまりコードベース) であり、機能的に分離ています。これは、彼らのBitbucket Rebrand FAQ(2018年1月更新)で触れられています。
    • 最近のHackerNewsの記事より

      アトラシアンはクラウド製品への移行を望んでいます。Bitbucket Serverは、彼らの収益を悪化させると考えられるので、将来的にあなたはBitbucket Cloudへの切り替えを強く勧められるでしょう。

    • 顧客からの要望の多かった機能に対応するため、AtlassianがBitbucket ServerとBitbucket Cloudの間の格差を認識するまでに2年以上を要しました。顧客は、Bitbucket Cloudに移行してからBitbucket Cloudにはない機能がBitbucket Serverに存在していたことを知りました。2018年第4四半期時点で未解決
    • Stash ServerからBitbucket Serverに変更されて以降の、リリースごとの新機能と機能対保守率の分析によると、イノベーションが減少傾向にあることがわかります(データはAtlassian Bitbucket Server Release Notesより引用
  • Atlassianがベンチマークを許可していないというHackerNewsの記事からの議論

    AtlassianはToSや以前のEULAで製品の性能について語ることを常に禁止してきました。みんな理由はわかっていても、それについては話しません。

リソース

料金

  • Bitbucket Cloud
    • Freeプラン - $0 - 無制限のプライベートリポジトリ、Jiraソフトウェア統合、プロジェクトパイプライン(ビルド50分/月)、ファイルストレージ1GB/月
    • Standardプラン - $2/ユーザー/月 (最低$10/月) - Freeプランと同じ機能 + ビルド500分/月 + ファイルストレージ5GB/月
    • Premiumプラン - $5/ユーザー/月 (最低$25/月) - Standardプラン + いくつかの高度な機能 + ビルド1000分/月 + ファイルストレージ10GB/月
  • Bitbucket Server / Data Center
    • Server - $2,000からの永久利用 (25ユーザー、ユーザー毎のコストは上位プランへ上げる毎におよそ2倍に増加)、年間メンテナンス、単一サーバー、無制限のプライベート+パブリックリポジトリが含まれる
    • Data Center - $1800/年 (25ユーザー、ユーザー毎のコストは上位のプランへ上げる毎におよそ2倍に増加 ) 年間メンテナンス、HAサーバー、DR、ミラーリング、SAML 2.0が含まれる
    • 2,000ユーザー以上はData Centerを購入する必要があります。

比較

機能

共有Runner、または個別RunnerでのCI/CDが無料

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab.comが提供する共有Runnerを使用して、プライベートプロジェクトでは毎月2000分までのCI/CDを、パブリックプロジェクトでは時間無制限のCI/CDを無料で利用できます。さらに、より高速なビルド、時間無制限のビルド、特殊な要件などに対応するために個別Runnerをセットアップして使用することもできます。

GitLab.comのプランを表示

統合されたCI/CD

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabにはCI/CD機能が統合されているので、CI/CDのために他のツールをインストールする必要はありません。GitLabのCI/CDを使用して、ウェブサイト(GitLab Pages)やウェブアプリケーションをビルド・テスト・デプロイできます。ジョブの結果はマージリクエストに表示され、簡単にアクセスできます。

CI/CDの詳細

インナーソース

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabの内部プロジェクトにより、内部リポジトリのインナーソースが促進されます。

インナーソースの詳細

コミットグラフとレポートツール

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabは共同作業に役立つ、コミットグラフとレポートツールを提供します。

コミットグラフの詳細

可用性

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabは99.95%以上の可用性を目標としていますが、現在は99.5%にとどまっています。GitLabは可用性の改善に継続的に取り組んでいます。

GitLab.comの稼働状況

包括的なインポート機能

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab は、GitHub や他の VCS よりも多くのソース (GitHub, Bitbucket, Google Code, FogBugz, Gitea, 任意の git URL) からプロジェクトと課題をインポートできます。また、SVNからGitへ移行するための包括的なガイドとドキュメントも用意されています。

GitLabの利用開始をより簡単に

課題

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

複数の課題のステータスや担当者やマイルストーンを素早く一括で設定でき、設定した値で簡単に絞り込みができます。プロジェクトを横断して、マイルストーンや課題を表示できます。

課題管理の詳細

マイルストーン

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

プロジェクトレベルやグループレベルの両方でマイルストーンを作成/管理したり、現在実施しているマイルストーンの全ての課題を表示して、アジャイルスプリントやリリースを表現します。

マイルストーンの詳細

機密の課題

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

機密の課題を使用すると、機密情報をセキュアに管理できます。GitLabでは、機密の課題をプロジェクトの報告者レベル以上のアクセス権を持つメンバーだけに公開できます。

機密の課題の詳細

関連した課題

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

関連する、ブロックする、ブロックされている課題として明示的にマークし、そのステータスを追跡します。 ブロックされた課題は、課題画面に表示され、簡単に識別できます。

関連した課題の詳細

他プロジェクトへの課題の移動

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabでは課題を別のプロジェクトへ移動できます。元の課題のすべてのリンク、履歴、コメントが移動先の課題にコピーされ、移動先の課題から元の課題を参照できます。これによって、複数のプロジェクトで課題を追跡するのが容易になります。

別のプロジェクトへ課題を移動の詳細

課題を重複としてマークする

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

課題を別の課題の重複としてマークし、その課題をクローズします。

重複した課題のマーク付けの詳細

クイックアクション

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab は、クイックアクションでコメントフィールドから離れずに、課題やマージリクエストのメタデータを変更する便利な方法を提供します。

クイックアクションに関するドキュメント

リンクホバーに関するリッチオブジェクトの概要

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab のユーザー、課題、マージリクエスト、その他のオブジェクトへのリンクにカーソルを合わせると、豊富な情報量の概要を表示されます。

この機能の実装に関するエピックを表示

JIRA 開発パネルから GitLab のブランチを作成

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

JIRA の課題の開発パネル内から GitLab のブランチを作成できます。

課題を表示

JIRA 開発パネルから GitLab のマージリクエストを作成

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

JIRA の課題の開発パネル内から GitLab のマージリクエストを作成できます。

課題を表示

プロジェクト課題ボード

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabには、課題のラベルをベースに課題をリストを表示する、課題ボードがあります。課題ボードは課題管理をよりユーザーフレンドリーな形で提供するものです。

GitLab課題ボードの詳細

作業時間の記録

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabでは課題とマージリクエストに作業時間の見積と実績を入力できます。

作業時間の記録の詳細

Wiki によるプロジェクトのドキュメント

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

それぞれのプロジェクトのドキュメントを管理するためにWikiが使用できます。。すべてのWikiは独立したGitリポジトリとして利用できます

GitLabのWikiの詳細

デザイン管理

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

デザイン管理では、ユーザーはデザインアセット(ワイヤーフレームやモックアップなど)を課題にアップロードし、それらを一箇所に保管しておくことができます。これにより、プロダクトデザイナー、マネージャー、エンジニアがシームレスにデザインのディスカッションを行うことができます。 これらのアセットは簡単にアップロードでき、バージョンごとに保管されます。 また、ディスカッションでフォーカスしたい場所の画像をクリックすると、スレッドを開始することができます。

ドキュメント

課題から新しいブランチを作成

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabでは、課題から素早く新しいブランチを作成できます。ブランチには課題の番号とタイトルが自動的に含まれるので、課題とブランチの紐付けを簡単にできます。

ドキュメントで詳細を確認

アップストリームの管理者にフォークの編集を許可

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

フォークしたプロジェクトからマージリクエストを投稿した場合に、 アップストリームの管理者にソースブランチの編集を許可するオプションが選べます。 これにより、アップストリームの管理者はマージ前に軽微な変更を行うことができ、 コミュニティからの貢献を受け入れる負担を軽減できます。

アプリケーションのパフォーマンス監視

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

Prometheusを利用して、GitLabはデプロイしたアプリケーションのパフォーマンスメトリクスを収集し表示できます。開発者はマージが本番環境に与える影響を、GitLabから離れることなく、簡単に確認できます。

デプロイしたアプリケーションの監視の詳細

アプリケーションのパフォーマンスに関するアラート

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab を使うと、エンジニアはソースコードを書くのと同じワークフローで、サービスレベルインジケータアラートをシームレスに作成し、必要なイベントを通知できます。

SLI アラートの作成についてさらに学んでください。

GitLab サーバのセルフ監視

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

オンプレミスで運用しているGitLabサーバーをPrometheusで監視できます。これにより、自身のGitLabサーバーの稼働状況を簡単に確認できます。

GitLab サーバのセルフ監視の詳細

バリューストリーム分析

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabは計画からモニタリングまでに要した時間を計測するためのダッシュボードを提供します。GitLabには、アイディアを本番環境にデプロイするまでに必要なツールのすべてが組み込まれているので、このようなデータの提供が可能です。

バリューストリーム分析の詳細

統合されたコンテナレジストリ

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab Container Registryは、Dockerイメージのためのセキュアでプライベートなレジストリです。 GitLab CIからイメージを簡単にアップロードしたりダウンロードしたりすることができます。 Gitリポジトリ管理と完全にインテグレーションされています。 (Codefresh社は2020年5月1日をもってプライベートなDockerレジストリのサポートを終了する予定です。)

コンテナレジストリのドキュメント

レビューアプリで変更をプレビュー

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab CI/CDを利用して、ブランチごとに新しい環境を作成することができ、開発プロセスを高速化できます。自分のブランチをプレビューできるマージリクエスト用の動的な環境を起動できます。レビューアプリは静的・動的なURLの両方をサポートします。

レビューアプリの詳細

環境の自動停止

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

この機能では、Review App環境で設定できる任意の有効期限を設定することができます。

環境の自動停止の詳細

毎月、新機能を追加

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

毎月22日に、新機能の追加や多くの改善が適用されたGitLabの新しいバージョンがリリースされます。

1つの一体化したツール

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

一般的に多くのツールは、ソフトウェアの開発ライフサイクルを完成するために、複数のサードパーティツールを必要とします。一方Gitlabは、開発ライフサイクル全体をカバーできる完全に一体化したソリューションです。

IPv6対応

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab.com と GitLab セルフホスティングサーバは IPv6 をサポートします。

IPv6 設定に関するドキュメントを確認

AD/LDAP連携

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

他グループとの同期、SSHキーの管理、許可や認証の管理などが可能です。GitLabインスタンスのすべてをAD/LDAP連携によって管理できます

AD/LDAP連携の詳細

複数LDAP/ADサーバーのサポート

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

複数のサーバをGitLabにリンクし、認証と認可を行うことができます。

LDAPの詳細設定

コードレビューを複数人で承認

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab では厳密なコードレビューを保証するために、マージリクエストをマージする前に、 マージリクエストに対して様々なユーザーからの特定の数の承認 を要求することができます。一度承認した後で問題に気がついた場合は、承認を取り消すこともできます。

承認機能のドキュメント

コードレビューの承認ルール

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

適格な承認者のリスト、それぞれの承認数の最小値、 およびどのターゲットブランチを保護するかを指定して、 承認ルールに沿って適切な人がマージリクエストをレビューするようにします。これにより、 エンジニアリング、UX、プロダクトといった異なるチームにレビューを依頼することが容易になります。

承認機能のドキュメント

ソースコードへのアクセス、および修正が可能

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

他の大多数のプロバイダが使用しているコードはプロプライエタリなので、ソースコードの閲覧や編集はできませんが、GitLab Enterprise Editionのソースコードは公開されています。したがってユーザがそれぞれのセキュリティや開発ニーズに合ったコードを調査し、またコードの修正が可能です。

GitLab Enterprise Editionのライセンスを表示

包括的なAPI

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabは、インテグレーションの開発を可能にするために、多くの機能をAPIとして提供しています。

APIのドキュメントを表示

曖昧ファイル検索でファイルを探す

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabは少ないキー入力でリポジトリ内のファイルを探す方法を提供します。

ファイル検索のドキュメントを表示

高度なグローバル検索

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

Elasticsearchを活用し、GitLabインスタンス全体で、より早く正確なコード検索が可能です。

高度なグローバル検索の詳細

高度なシンタックス検索

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

高度なクエリを利用すれば、より正確な検索結果を得られます。

高度なシンタックス検索の詳細

fast-forwardマージ、およびrebaseオプション

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

マージコミットを作成せず、すべてのマージをfast-forwardとするように、プロジェクトレベルで設定できます。fast-forwardマージができない場合は、rebase後にマージするオプションを選択できます。

マージ前rebaseの詳細

リモートリポジトリにプッシュミラーリング

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

ローカルサーバーから別サーバーのリポジトリにミラーリングができます。プッシュミラーリングは、パスワード認証を使用した HTTP/SSH、SSH での公開キー認証を使用してサポートされます。

リポジトリのプッシュミラーリングの詳細

リモートリポジトリのプルミラーリング

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

リモートの Git サーバからローカルサーバにリポジトリをミラーリングすることで、ローカルのフォークやレプリカを簡単に最新の状態に保つことができます。

リポジトリのプルミラーリングの詳細

マージの承認

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab Enterprize Editionではマージリクエストをマージするのに、複数の承認を必須とすることができます。マージに必要な承認の数や承認可能なユーザーを設定することは、コード品質の改善につながります。

マージリクエストの承認の詳細

ディザスタリカバリ

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

数分で別のデータセンターへ、フェイルオーバーが完了します。

ディザスタリカバリの詳細

詳細なユーザーの役割と柔軟な権限

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

5つのユーザーの役割と外部ユーザーの設定により、プロジェクトへのアクセスと権限を管理できます。ユーザーに設定した役割に従って、リポジトリへの読み取り・書き込みの権限を制御することができます。ソースコードへのアクセスが不要なユーザーには、課題管理システムへのアクセスのみを許可することができます。

ユーザーロールの詳細

プロジェクト

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

あなたのリポジトリを、プライベート/内部/公開など、各プロジェクト内に整理することができます。

プロジェクトの詳細

マージリクエスト

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

マージリクエストを作成してチームメンバーに@メンションすると、変更をレビューしてから安全にマージが行えます。

マージリクエストの詳細

未署名コミットを拒否

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab Enterprise Edition Premiumでは未署名コミットのプッシュを拒否することで、GPG署名コミットを強制することができます。

強制プッシュルールを表示

コミッターの検証

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

コミッターとプッシュの実行者が同一人物であることを検証できます。

GitLabで開発中です。詳細な情報はこのリンク先を参照ください。

分散型VCSのGitベース

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabが構築されているGitは、完全な分散型です。すべてのユーザがリポジトリの完全なコピーを持てるため、よりスピーディーな履歴へのアクセスと、より簡単なブランチングが最終的により質の高いユーザー体験につながります。

Gitの利用を開始

保護ブランチ

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

保護ブランチに対して、きめ細かいアクセス制御ができます。

保護ブランチの詳細

Web IDE

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

Web IDE を使用してローカル開発環境でのコンテキスト切り替えを回避することで、プロジェクトへの貢献を迅速にします。Web IDE はマージリクエストや GitLab CI と統合されているため、Web IDE を離れることなくフィードバックを解決、失敗したテストの修正、変更のプレビューをクライアント側の評価でライブ表示ができます。

Web IDEの詳細

Web IDE でのライブプレビュー

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

Web IDE のライブ プレビューを使用して、JavaScript と 静的なHTMLファイルのプロジェクトに加えた変更をプレビューできます。

Web IDEの詳細

Web IDE の Web ターミナル

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

Web IDE の Web ターミナルでコードを操作して、API 応答の検査、REPL の実験、コードのコンパイルを実行します。

Web IDE の Web ターミナルの詳細

Web ターミナルへのファイル同期

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

Web IDE で行った変更が Web ターミナルに同期されるようになりました。Web IDE で行ったユーザーの変更を、 プロジェクトにコミットする前に Web ターミナル内でテストできるようになりました。

Web ターミナルへのファイル同期の詳細

Web IDEの設定

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

Web IDEは、プロジェクトで作業するすべてのユーザーのコーディングスタイルを標準化するために、プロジェクト内で .editorconfig ファイルを使用することをサポートしています。 これにより、プロジェクト全体での一貫性と品質を簡単に維持することができます。

Web IDE の設定についてはこちらをご覧ください。

Web IDEのMarkdownに画像を貼り付ける

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

Web IDEでMarkdownファイルを編集する際に、コンテンツに画像を貼り付けることができます。これにより、コンテンツ内で画像を自動的にアップロードし、参照できます。

Web IDEでのMarkdown編集の詳細

スニペット

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

引用可能なコード片を、コードスニペットとして保存して共有できます。 また、1行のコードでブログやウェブサイトに埋め込むこともできます。

スニペットの詳細

バージョン管理されたスニペット

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

Git ベースのスニペットを使って、オンラインでもローカルでも共同作業を行い、バージョン間の変更を追跡することができます。

スニペットの詳細

インラインコメントと議論の解決

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

マージリクエストのインラインコメントを使用すると、コードやテキストのレビューがより高速かつ効果的になります。特定のコード行についてコメントを残し、議論を解決します。GitLab では、マージリクエストのインラインコメントは議論として解釈され、変更されてもされなくても任意の行に残すことができます。すべての議論が解決されたときにのみマージリクエストが承認されるようにプロジェクトを構成できます。

議論の解決の詳細

変更のcherry-pick

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

マージリクエストや特定のコミット内のCherry-Pickボタンをクリックするだけで、あらゆるコミットをcherry-pickできます。

マージリクエストをcherry-pickの詳細

アクティビティストリーム

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

コミット、マージ、コメントなどプロジェクトのチームメンバーの直近の活動を一覧表示できます。

アクティビティストリートの詳細

GPG署名コミット

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

署名コミットを使用すると、特定のユーザーによってコミットされたことを証明できます。

GPG署名コミットの詳細

サブグループ: グループ内のグループ

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

グループ内にさらにグループを作成することで、規模の大きなチームやプロジェクトの管理が容易になります。

サブグループの詳細

LFS用オブジェクトストレージ

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

LFSファイルはオブジェクトストレージ (Amazon S3) で保管できます。

成果物をオブジェクトストレージに保管する方法の詳細

GitLab Geoでグローバルな分散型チームをサポート

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

開発チームが地理的に複数のロケーションに散らばっていて、GitLabインスタンスが1つの場所にある場合は、 そんな分散型チームのために作られたのがGitLab Geoです。 GitLab Geoは、GitLabインスタンスを読み取り専用でミラーリングし、 大規模なリポジトリの複製と取り出しにかかる時間を削減することで チームでの共同作業を改善します。

GitLab Geoの詳細

拡張アーキテクチャのサポート

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab Premiumには、複数のノードにまたがるGitLabサービスの拡張機能が含まれており、冗長性を提供します。 GitLabはリファレンスアーキテクチャを提供しており、必要に応じて最適なアーキテクチャを簡単に決定することができます。

GitLab の拡張アーキテクチャの詳細

デプロイボード

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab Premium には Deploy ボードが付属しており、Kubernetes 上で実行している各 CI/CD 環境の現在の健全性とステータスを統合的に表示します。Kubernetesにアクセスすることなく、 最新デプロイのそれぞれのpodの稼働状況をGitLab内でシームレスに表示できます。

デプロイボードの詳細

アップグレードのタイミングを選択可能

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

毎月、GitLabの新しいバージョンがリリースされ、都合の良いタイミングでアップグレードできます。

GitLabインスタンスのアップグレード方法の詳細

簡単なアップグレードプロセス

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab公式のLinuxリポジトリまたはDockerイメージを使用することで、いとも簡単にGitLabをアップグレードできます。

GitLabインスタンスのアップグレード方法の詳細

マージリクエストがマージされると課題を自動的にクローズ

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabでは、特別なキーワードを使用して、マージリクエストがマージされたタイミングで複数の課題を自動的にクローズすることができます。

課題の自動クローズの詳細

仕掛中のマージリクエスト (WIP)

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

仕掛中のマージリクエストを間違えてマージすることができないように、マージリクエストを仕掛中(WIP)としてマークできます。これにより、仕掛中の変更であっても安心してレビューの依頼ができます。

WIPマージリクエストの詳細

カスタムGitフック

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

リポジトリで発生した特定のアクションに対して、カスタムスクリプトを連鎖的に実行することができます。Gitフックによって、コミットが拒否されたり、エラーが発生すると、GitLabのUIにエラーメッセージが表示されます。GitLabは全種類のフックをサポートします。

GitLabでGitフックを使用する方法の詳細

レスポンシブデザイン

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabはレスポンシブデザインに対応しています。デスクトップ・タブレット・スマートフォンのそれぞれで、見やすく表示されるように最適化されています。

コミュニティベースでの開発

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabには公開されている課題管理システムがあります。GitLab自身の課題だけではなく、インフラやマーケティングに関する課題も公開されています。

GitLabのすべてのコントリビューターを表示

Git LFS 2.0対応

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

音楽・動画・画像ファイルのような巨大ファイルを管理するのに、Git LFSは役に立ちます。 Git LFS 2.0では、ファイルのロック機能が追加され、チーム作業でのバイナリファイルの取り扱いが改善されました。 このファイルのロック機能は、GitLabに組み込まれているファイルのロック機能に統合されています。

GitLabでのGit LFS対応の詳細

Gitのプッシュでプロジェクトを作成

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

新しいプロジェクトを作成したい場所にプッシュすると、自動的に新しいプライベートプロジェクトが作成されます。

プロジェクト作成の詳細

グループ用のSAML SSO

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab 内のグループを SAML ID プロバイダに接続して、認証を管理します。

LDAPのグループ同期の詳細

Kubernetes podログの表示

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

生成されたログファイルにより、サーバ、アプリケーション、ネットワーク、セキュリティデバイスを監視し、エラーや問題を特定して分析します。GitLab では、接続された Kubernetes クラスタ内で実行中の Pod のログを簡単に見ることができる。GitLab でログを直接表示することで、開発者はコンソールツールを管理したり、別のインタフェイスにジャンプする必要がなくなります。

Kubernetes podログの表示の詳細

Mercurialリポジトリをホスト

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

Mercurialリポジトリをホストできます。

この機能に関するGitLabの課題を表示

IPアドレスによるアクセス制限

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

IPアドレスのサブネットを指定することにより、グループレベルでアクセスを制限して、コードの安全性を維持します。

IPアドレスによるアクセス制限の詳細

2要素認証(2FA)を強制

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

2要素認証を有効にすると、パスワードでの認証に加えて2番目の認証が必要となるので、あなたのアカウントを安全にできます。たとえあなたのパスワードが侵害されても、2番目の認証があなたのアカウントを守ってくれます。2要素認証を強制することで、すべてのユーザーに2要素認証を使用させることができます。

GitLabで2FAを強制の詳細

Git プロトコル v2 サポート

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

Git のワイヤプロトコルは、クライアントとサーバの間でクローン、フェッチ、プッシュがどのように通信されるかを定義します。Git プロトコル v2 は、フェッチコマンドのパフォーマンスを改善し、将来のプロトコル改善を可能にします。

Git プロトコル v2の詳細

Partial Clone

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

Partial Clone is an optimization for very large repositories.

Learn more about Partial Clone

S/MIME Signed Commits

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

署名コミットを使用すると、特定のユーザーによってコミットされたことを証明できます。

Read more about S/MIME signed commits

* このページの情報は最新ではありません。最新の情報は 本家サイト をご確認ください。

GitLabはGitLab, Inc.の商標です。その他のすべての商標・ロゴマークの権利はそれぞれの所有者に帰属します。

GitLabはオープンコア

GitLabの競合製品のほとんどはソースコードを公開していませんが、GitLabはオープンコア製品です。 GitLabコミュニティエディションは完全なオープンソースで、 GitLabエンタープライズエディションはオープンコア(プロプライエタリ)です。

ソースコードにアクセス

クローズドソースなソフトウェアと異なり、 コミュニティエディションエンタープライズエディションの ソースコードを確認したり、修正することができます。 機能の追加やカスタマイズのために、サーバーのソースコードを修正したり、GitLabのリポジトリをフォークすることができます。 独自に実施した変更はメインのソースコードにフィードバックし、マージされるように挑戦することを推奨します。 それにより、他のユーザーの役に立つ上に、自身のインスタンスのアップデート作業を簡単に保つことができます。

コミュニティからの貢献

GitLabには毎月数百人からの貢献があります。 顧客・ユーザー・GitLab社員のすべてが毎月のリリースに貢献しています。 このことは、簡単に使用できる便利なユーザー管理のような、 組織にとって本当に必要な機能の開発に役立っています。

長期利用に最適

GitLabは、数十万の組織が利用し、頻繁にソフトウェアへ貢献しています。 GitLabには堅牢なコミュニティが存在します。 つまり、GitLabは単一企業のサポートに依存していないので、 長期利用に適しています。

毎月、新しい安定版がリリース

毎月、機能の改善と新機能の追加と不具合の修正のすべてが適用された、 GitLabの新しい安定版がリリースされます。 これにより、GitLabはとても迅速に顧客の要望に応えることができます。

GitLab(有償版)に関するご質問は「クリエーションライン」にお問合せください。

クリエーションラインはGitLabの国内初の正規代理店で、GitLabの日本語サポートを提供しています。

Gitlab x icon svg