BambooとGitLabの比較

On this page

Summary

Bamboo Server is a CI/CD solution which is part of the Atlassian suite of developer tools. It is available only in a self-managed configuration and is a closed source solution. Bamboo offers build, test, and deployment automation, and has tight integrations to Atlassian Bitbucket (for SCM) and Fisheye (for understanding how source code has changed), as well as integrations to over 150 other tools. In contrast, GitLab offers a git-based SCM, SCM integrations, and code change traceability out of the box in a single application.

Bamboo offers a GUI for defining build plans, but does not offer pipeline as code. Bamboo also offers deployment plans (which include the notion of environments and releases), pre-deployment visibility, and per-environment deployment permissions. GitLab also offers release tracking across environments and deep visibility into the changes in a deployment, but sets deployment permissions based on branch permissions.

Bamboo does not offer monitoring. GitLab includes monitoring as part of its single application.

Bamboo steps can be run in parallel across agents, and those agents can be auto-scaled based on need if Bamboo is configured for a feature called Elastic Bamboo. Elastic Bamboo requires the use of "remote agents", which you pay extra for (see pricing). Organizations who want auto-scaling are also locked in to using Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) and paying Amazon separately for their usage. In contrast, GitLab does not charge per remote agent (runner) and scales with a variety of cloud and container solutions.

Gaps

  • Extending the native functionality of Bamboo is done through plugins. Plugins are expensive to maintain, secure, and upgrade. In contrast, GitLab is open core and anyone can contribute changes directly to the codebase, which once merged would be automatically tested and maintained with every change.

Comments/Anecdotes

  • Discussion from HackerNews article about Atlassian not allowing benchmarking

    Atlassian has always forbidden to talk about the performance of their products in their ToS and in their previous EULA. We all know why, but we don’t talk about it.

  • Sales heard from large networking company

    "Terrible!, All UI Based, Cannot configure 'as code' (ala .gitlab-ci.yml)"

  • Sales previous experience)

    Previously we beat Bamboo by the reason that it’s too prescripted for build only.

    This is likely no longer true as they now have deployment specific features including environments, deployment groups, and per-environment deployment permissions

  • From Twitter:

  • From Bamboo open Issues

    • Issue: If I want to use git submodules then I shouldn't have to upload and configure SSH keys on each Bamboo Agent.
      • Key text: "Bamboo requires separate Git authentication for submodules. This involves either using HTTPS for submodules and providing the credentials through the job's environment variables, or configuring separate SSH keys on each build agent. Using HTTPS would render local builds unusable, requiring credentials every time. Adding SSH keys to every Bamboo agent is unmaintainable. . . . This reason, among others is a large part of why we have migrated away from Bamboo. We now use Gitlab and Gitlab CI for much better Docker and git support."
      • Link: Bamboo Issue in Jira

Resources

Pricing

  • Price page
  • Bamboo Pricing Guide
    (includes price additions for remote agents, and academic pricing)
  • Small Teams - $10/month - only 10 jobs and no remote agents
  • Growing Teams - $880/month - unlimited jobs, 1 remote agent
  • pricing increase in tiers by # remote agents (1, 5, 10, 25, 100, 250, 500, 1000) (see Bamboo Pricing Guide for prices)
  • First purchase includes perpetual software and 1 yr maintenance. Yearly cost for maintenance is approximately 50% of initial remote agent tier cost. (e.g. 1st year @25 remote agents = $8,800, second year maintenance = $4,400)

Comparison

機能

統合されたCI/CD

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabにはCI/CD機能が統合されているので、CI/CDのために他のツールをインストールする必要はありません。GitLabのCI/CDを使用して、ウェブサイト(GitLab Pages)やウェブアプリケーションをビルド・テスト・デプロイできます。ジョブの結果はマージリクエストに表示され、簡単にアクセスできます。

CI/CDの詳細

より小さなメモリとより少ないCPUパワーで実行可能

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

512MBと小さなメモリでも快適に動作します。また、Goはコンパイラ型言語のため少ないCPUパワーしか消費しません

アプリケーションのパフォーマンス監視

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

Prometheusを利用して、GitLabはデプロイしたアプリケーションのパフォーマンスメトリクスを収集し表示できます。開発者はマージが本番環境に与える影響を、GitLabから離れることなく、簡単に確認できます。

デプロイしたアプリケーションの監視の詳細

GitLab サーバのセルフ監視

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

オンプレミスで運用しているGitLabサーバーをPrometheusで監視できます。これにより、自身のGitLabサーバーの稼働状況を簡単に確認できます。

GitLab サーバのセルフ監視の詳細

バリューストリーム分析

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabは計画からモニタリングまでに要した時間を計測するためのダッシュボードを提供します。GitLabには、アイディアを本番環境にデプロイするまでに必要なツールのすべてが組み込まれているので、このようなデータの提供が可能です。

バリューストリーム分析の詳細

レビューアプリで変更をプレビュー

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab CI/CDを利用して、ブランチごとに新しい環境を作成することができ、開発プロセスを高速化できます。自分のブランチをプレビューできるマージリクエスト用の動的な環境を起動できます。レビューアプリは静的・動的なURLの両方をサポートします。

レビューアプリの詳細

包括的なAPI

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabは、インテグレーションの開発を可能にするために、多くの機能をAPIとして提供しています。

APIのドキュメントを表示

CI/CD 水平自動スケール

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab CI/CDのクラウドネイティブなアーキテクチャでは、ワークロードが増加した場合に、新しいノードを追加することで簡単に水平方向にスケールできます。GitLab Runnerはパイプライン処理が開始されると、自動的に新しいコンテナを作成し、処理が完了して不要になったコンテナを削除します。これにより、CI/CDのコストを抑えることができます。.

GitLab CI/CDの水平オートスケーリングの詳細

CI/CD パイプラインダッシュボード

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

プロジェクトやグループ全体のパイプラインの履歴と現在のステータスをユーザーごとにカスタマイズできる単一のダッシュボードで視覚化します。

オペレーションダッシュボードでのプロジェクト間のパイプラインの詳細

クラウドネイティブ

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabとGitLab CI/CDはクラウドネイティブな設計で開発されています。GitLab は Kubernetes 上に簡単にデプロイできます。また、Gitlab を使用してアプリケーションをそのまま Kubernetes に対しデプロイできます。

Kubernetes 連携

統合されたウェブターミナルでコンテナをデバッグ

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLabにビルトインされたウェブターミナルを使用すると、あらゆる環境のコンテナを簡単にデバッグできます。アプリケーションをKubernetesにデプロイしている場合は、GitLabの環境メニューから直接ターミナルのセッションを開始することができます。この強力な機能により、ブラウザから離れることなく、問題の調査を素早く行うことができます。

ウェブターミナルの詳細

柔軟なパイプライングラフ

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

複数のジョブを直列、または並列に実行するパイプラインの構造は非常に複雑です。 GitLabでは単一のパイプライングラフですべてのジョブのステータスを表示できるので、 何が起こっているのかを簡単に確認できます。

パイプライングラフの詳細

HTML成果物をオンラインで表示

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

テストレポート、コード品質、コードカバレッジなどの情報を、 ダウンロードせずに、直接ブラウザで表示できます。

プロジェクト内のジョブアーティファクトの利用の詳細

成果物をブラウズ可能

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab CIを使用すると、外部サービスを必要としないで、GitLab内にジョブの成果物をアップロードできます。 これによって、アップロードした成果物をGitLabのウェブインターフェースで表示できます。

プロジェクト内のジョブアーティファクトの利用の詳細

パイプラインをスケジュール実行

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

cronのように、パイプラインをスケジュール実行できます。

GitLabでパイプラインがスケジュール実行される仕組の詳細

コード品質

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

マージリクエストのウィジェットエリアに表示されるコード品質レポートにより、 変更がコードの品質に与える影響を事前に知ることができます。

コード品質レポートの詳細

複数プロジェクトのパイプライングラフ

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

マイクロサービスアーキテクチャでは、パイプラインの設計はより複雑なものになります。 複数プロジェクトのパイプライングラフを使用すると、アップストリームとダウンストリームのパイプラインが、プロジェクトのトリガーを通して、どのように協調しているのかを表示することができます。

複数プロジェクトのパイプライングラフの詳細

保護変数

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

権限のあるユーザーだけが変数の値を取得できるように、変数を保護することができます。 「保護変数」は「保護ブランチ」で実行されているジョブからだけ取得できます。

保護変数の利用方法の詳細

デプロイメントプロジェクト

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

デプロイメントプロジェクトには、ビルドおよびテストされたリリースやリリースがデプロイされた環境など、デプロイしているソフトウェアプロジェクトが含まれます。

GitLabのプロジェクトの詳細

環境とデプロイメント

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

GitLab CIを使用すると、ビルドやテストだけではなく、インフラへのデプロイもできます。 また、CIのジョブのタグに似ている、環境を利用するとデプロイ履歴をトラッキングできます。

環境の詳細

環境ごとの権限

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

本番環境とは別に、開発者やQA担当者はそれぞれの環境に対してデプロイできます。これにより、ビルドエンジニアや運用チームにデプロイを依頼する必要がなくなり、彼らの負担を下げることができます。

GitLabの保護ブランチの詳細

環境履歴

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

環境履歴を使用するとサーバーに現在、何がデプロイされているのかを確認できます。また、環境の詳細画面では過去のすべてのデプロイ情報を表示できます。 この画面から現在のバージョンを再デプロイしたり、何か問題が発生した場合は、過去の安定バージョンにロールバックすることができます。

環境履歴の詳細

特定環境用の変数

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

どの環境から変数の値を取得できるのか制限することができます。

特定環境用変数の設定方法の詳細

グループレベル変数

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

グループレベルで変数を定義し、グループ内のすべてのプロジェクトから使用することができます。

変数の設定方法の詳細

悪いテストを隔離

CORE
STARTER
PREMIUM
ULTIMATE
FREE
BRONZE
SILVER
GOLD

テストが失敗することを常態化させてはなりません。1クリックで不安定なテストや壊れたテストを一時的に蚊帳の外に置いて、テストをGreenな状態に保つことができます。

この課題の詳細を確認

* このページの情報は最新ではありません。最新の情報は 本家サイト をご確認ください。

GitLabはGitLab, Inc.の商標です。その他のすべての商標・ロゴマークの権利はそれぞれの所有者に帰属します。

GitLabはオープンコア

GitLabの競合製品のほとんどはソースコードを公開していませんが、GitLabはオープンコア製品です。 GitLabコミュニティエディションは完全なオープンソースで、 GitLabエンタープライズエディションはオープンコア(プロプライエタリ)です。

ソースコードにアクセス

クローズドソースなソフトウェアと異なり、 コミュニティエディションエンタープライズエディションの ソースコードを確認したり、修正することができます。 機能の追加やカスタマイズのために、サーバーのソースコードを修正したり、GitLabのリポジトリをフォークすることができます。 独自に実施した変更はメインのソースコードにフィードバックし、マージされるように挑戦することを推奨します。 それにより、他のユーザーの役に立つ上に、自身のインスタンスのアップデート作業を簡単に保つことができます。

コミュニティからの貢献

GitLabには毎月数百人からの貢献があります。 顧客・ユーザー・GitLab社員のすべてが毎月のリリースに貢献しています。 このことは、簡単に使用できる便利なユーザー管理のような、 組織にとって本当に必要な機能の開発に役立っています。

長期利用に最適

GitLabは、数十万の組織が利用し、頻繁にソフトウェアへ貢献しています。 GitLabには堅牢なコミュニティが存在します。 つまり、GitLabは単一企業のサポートに依存していないので、 長期利用に適しています。

毎月、新しい安定版がリリース

毎月、機能の改善と新機能の追加と不具合の修正のすべてが適用された、 GitLabの新しい安定版がリリースされます。 これにより、GitLabはとても迅速に顧客の要望に応えることができます。

GitLab(有償版)に関するご質問は「クリエーションライン」にお問合せください。

クリエーションラインはGitLabの国内初の正規代理店で、GitLabの日本語サポートを提供しています。

Gitlab x icon svg