Spinnaker vs GitLab

GitLab compared to other tools

FEATURES spinnaker-logo-inline Created with Sketch.

統合されたCI/CD

GitLabにはCI/CD機能が統合されているので、CI/CDのために他のツールをインストールする必要はありません。GitLabのCI/CDを使用して、ウェブサイト(GitLab Pages)やウェブアプリケーションをビルド・テスト・デプロイできます。ジョブの結果はマージリクエストに表示され、簡単にアクセスできます。

CI/CDの詳細

包括的なAPI

GitLabは、インテグレーションの開発を可能にするために、多くの機能をAPIとして提供しています。

APIのドキュメントを表示

コンテナやDockerとの高い親和性

GitLabは、GitLab独自のコンテナレジストリとDocker CI Runnerを搭載しているため、それだけでCI/CDでのコンテナワークフローを完結できます。つまり追加のプラグインをインストール、設定、管理する必要はありません。

統合されたウェブターミナルでコンテナをデバッグ

GitLabにビルトインされたウェブターミナルを使用すると、あらゆる環境のコンテナを簡単にデバッグできます。アプリケーションをKubernetesにデプロイしている場合は、GitLabの環境メニューから直接ターミナルのセッションを開始することができます。この強力な機能により、ブラウザから離れることなく、問題の調査を素早く行うことができます。

ウェブターミナルの詳細

柔軟なパイプライングラフ

複数のジョブを直列、または並列に実行するパイプラインの構造は非常に複雑です。 GitLabでは単一のパイプライングラフですべてのジョブのステータスを表示できるので、 何が起こっているのかを簡単に確認できます。

パイプライングラフの詳細

成果物をブラウズ可能

GitLab CIを使用すると、外部サービスを必要としないで、GitLab内にジョブの成果物をアップロードできます。 これによって、アップロードした成果物をGitLabのウェブインターフェースで表示できます。

プロジェクト内のジョブアーティファクトの利用の詳細

パイプラインをスケジュール実行

cronのように、パイプラインをスケジュール実行できます。

GitLabでパイプラインがスケジュール実行される仕組の詳細

複数プロジェクトのパイプライングラフ

マイクロサービスアーキテクチャでは、パイプラインの設計はより複雑なものになります。 複数プロジェクトのパイプライングラフを使用すると、アップストリームとダウンストリームのパイプラインが、プロジェクトのトリガーを通して、どのように協調しているのかを表示することができます。

複数プロジェクトのパイプライングラフの詳細

環境とデプロイメント

GitLab CIを使用すると、ビルドやテストだけではなく、インフラへのデプロイもできます。 また、CIのジョブのタグに似ている、環境を利用するとデプロイ履歴をトラッキングできます。

環境の詳細

Auto DevOps

Auto DevOps機能を使用すると、ソフトウェア開発ライフサイクルの自動設定が適用されます。 これにより、DevOpsのベストプラクティスに従って、プロジェクトを推進することができます。

Auto DevOpsの詳細なドキュメントを確認

カナリアデプロイメント

GitLab Enterprise Edition Premiumでは、Kubernetesにアプリケーションをデプロイしている場合は、 カナリアデプロイメントを監視できます。

カナリアデプロイメントの設定の詳細