Jira vs GitLab

GitLab compared to other tools

On this page

Summary

Jira Software is an issue tracker and agile project management application. Portfolio for Jira Portfolio is a separate add-on that enables portoflio management in Jira Software. Jira Service Desk is a separate application to enable IT and customer service capablilities. Jira Core is a scaled down version of Jira Software that contains the general project managment capabilities without the software and agile-specific functionality of Jira Software.

Jira is available via 3 deploment models:

Comments/Anecdotes

From customer comment on why they won't switch from Jira: > Probably some of these features could be worked around in GitLab (e.g. by using labels exclusively). In particular for our organization we have been using Jira for much longer than GitLab. Migrating to another issue tracking system for existing project would be less than trivial, i.e. if one wants to maintain the history.

Resources

Integrations

GitLab has Jira integration that allows Jira Software to be used as an issue tracker for the planning stage while using GitLab for the rest of the DevOps lifecycle: source code managment, CI/CD, and monitoring.

Pricing

Jira Software pricing - Cloud - Flat $10 per month for up to 10 users - $7 per user/month for 11-100 users - Server: $3,600 one-time payment (50 users) - Data Center: $12,000 per year (500 users)

Portfolio for Jira pricing - Cloud - Flat $10 per month for up to 10 users - $3.50 per user/month for 11-100 users - Server: $9,900 one-time payment (500 users) - Data Center: n/a

Jira Service Desk pricing - Cloud - Flat $10 per month for up to 3 agents - $20 per agent/month - Sever: $13,200 one-time payment (50 agents) - Data Ceneter: $60,000 per year (500 agents)

Jira Core pricing - Cloud - Flat $10 per month for up to 10 users - $5 per user/month for 11-100 users - Small teams: $10 One-time payment for up to 10 users - Growing teams: $13,200 one-time payment (500 users)

Comparison

Compare to GitLab

A few missing features in GitLab that JIRA has from this comment - The concept of "Components" with a configurable set of default assignee's and associate component watchers (this is separate from "Labels", which also exist in Jira) - Multiple issue types - Configurable set of fields and screens for each issue type - Workflow definition (e.g. allowed transitions for each issue status) for each issue type - Fine-grained notifications control for each issue action

FEATURES

ポートフォリオ管理

プロジェクト、およびポートフォリオレベルで計画や進捗管理します。ポートフォリオ管理では、キャパシティとリソースを一緒に管理します。

ポートフォリオ管理の詳細

エピック

グループ内の複数の課題を機能レベルで集約し、計画や進捗管理ができます。

エピックの詳細

ロードマップ

ロードマップを使用すると、複数のエピックを時間軸で可視化できます。

ロードマップの詳細

グループマイルストーン

グループレベルのマイルストーンを使用して、複数のプロジェクトを横断的に進捗管理できます。複数のプロジェクトを横断的に、現在作業中の課題をまとめて表示することができます。

グループマイルストーンの詳細

グループ課題ボード

グループレベルの課題ボードを使用して、グループのすべてのプロジェクトの課題を一度に表示できます。

グループ課題ボードの詳細

強力な課題管理

複数の課題のステータスや担当者やマイルストーンを素早く一括で設定でき、設定した値で簡単に絞り込みができます。プロジェクトを横断して、マイルストーンや課題を表示できます。

課題管理の詳細

課題ボード

GitLabには、課題のラベルをベースに課題をリストを表示する、課題ボードがあります。課題ボードは課題管理をよりユーザーフレンドリーな形で提供するものです。

GitLab課題ボードの詳細

バーンダウンチャート

GitLabではマイルストーンのバーンダウンチャートを表示できます。これはスプリントやソフトウェアの新バージョンの作業の進捗管理に役立ちます。

バーンダウンチャートのドキュメントを表示

課題のウェイト

GitLabでは課題のウェイトを設定して、アジャイルのプラクティスに従って課題を管理できます。

課題のウェイトのドキュメントを表示

複数のプロジェクト課題ボード

大きな組織では、数百を超えるプロジェクトが、同時に動いていることも珍しくはありません。GitLab Enterprise Editionでは1つのプロジェクトが複数の課題ボードを持つことができ、計画の立案、機能や製品をリリースするワークフローの可視化に役立ちます。複数の課題ボードは、複数チームで使用する場合や、1つのリポジトリで複数の製品コードを管理している場合に、特に役に立ちます。

複数のプロジェクト課題ボード

関連した課題

関連した課題を明示的に紐付けることができます。

関連した課題の詳細

課題の複数担当者

一度に複数の担当者を課題に設定できます。

課題の複数担当者のドキュメントを表示

作業時間の記録

GitLabでは課題とマージリクエストに作業時間の見積と実績を入力できます。

作業時間の記録の詳細

サービスデスク

GitLabインスタンスのアカウントを持たない外部のユーザーに課題を作成することを許可し、自身が作成した課題以外へのアクセスを禁止できます。すなわち、GitLabのインターフェースでチケット管理ができます。

サービスデスクの詳細

課題個別の期限日

GitLabでは個々の課題に対して期限日を設定できます。これは、特定の期限日までにしなければならない、複数の小さなタスクを管理するのに役立ちます。

期限日のドキュメント

別のプロジェクトへ課題を移動

GitLabでは課題を別のプロジェクトへ移動できます。元の課題のすべてのリンク、履歴、コメントが移動先の課題にコピーされ、移動先の課題から元の課題を参照できます。これによって、複数のプロジェクトで課題を追跡するのが容易になります。

別のプロジェクトへ課題を移動の詳細

課題ボードのテンプレート

課題ボード/ダッシュボードは進行中のワークアイテムの組織フローを反映します。これらのボードは個別のワークフローを反映し、確立したパターンに従います。(スクラムやカンバンなど)確立したパターン用のテンプレートは新規ボードの設定を容易にします。

GitLab課題ボードの詳細

課題ボードのスイムレーン

マイルストーンやラベルで分けられた課題ボード内の課題の水平的なスイムレーンを閲覧できます。

課題ボードのスイムレーン

課題ボードから課題を作成

GitLabの課題ボードでは、ボードから直接課題を作成できます。また、課題に複数のラベルを割り当てることで、課題を複数のボードに表示させることができます。

課題ボードから新しい課題を作成の詳細

ラベルから構成される課題ボード

課題ボードはラベルをベースに構成されています。そのため、複数のラベルが設定されている課題は複数のリストに表示されます。これは課題を俯瞰的に捉えるのに役立ちます。

ラベルと課題ボードの詳細

ボードに課題をまとめて追加

課題ボードでは、複数の課題を選択して、まとめてリストに追加することができます。

ボードに課題をまとめて追加の詳細

設定可能な課題ボード

ボードをマイルストーン、ラベル、担当者、重みと関連付けることができます。

設定可能な課題ボードの詳細

課題ボードのフォーカスモード

課題ボードのフォーカスモードでは、画面から課題ボードに不要な要素を取り除き、より多くの情報が表示できます。

課題ボードのフォーカスモードの詳細

メールから課題を作成

課題のタイトルと説明を記載したメールを送信することで、課題の作成ができます。

メールから課題を作成

機密の課題

機密の課題を使用すると、機密情報をセキュアに管理できます。GitLabでは、機密の課題をプロジェクトの報告者レベル以上のアクセス権を持つメンバーだけに公開できます。

機密の課題の詳細

様々なアジャイルレポート

チームは、パフォーマンスに関する洞察を与えてくれる、リアルタイムの様々なレポートを利用できます。例えば、スプリントバーンダウン、エピックバーンダウン、累積フローダイアグラム、ベロシティチャート、バーンアップチャート、スプリントレポートなどがあります。

バーンダウンチャートのドキュメントを表示

アプリケーション固有のクエリ言語に基づく課題ボード

アプリケーション固有のクエリ言語を使って、課題ボードに何を表示するかを定義することができます。

設定可能な課題ボードの詳細

チャットから課題を作成、検索、表示

チャットから課題を素早く作成、表示、検索することができます。

スラッシュコマンドのドキュメントを確認

Mattermostとの連携

GitLab Omnibusを使用すると、Mattermostが自動的にインストールされ、Mattermostとの連携を簡単に利用できます。

Mattermost連携のドキュメントを確認

複数のグループ課題ボード

複数のプロジェクト課題ボードと同様に、複数のグループ課題ボードを作成できます。

複数のグループ課題ボード

複合的なインテグレーション

GitLabは、認証と認可 (LDAP / AD) メカニズムのほか、複数のサードパーティによるサービスやCI/CD、そしてALMやPLM、またアジャイルおよび自動化ツールなどの様々なツールと連携できます。

GitLabの連携機能の詳細

ラベル

「バグ」や「ドキュメント」といったラベルを使用して、課題やマージリクエストを簡単に分類できます。

GitLabのラベルの詳細

マージリクエストがマージされると課題を自動的にクローズ

GitLabでは、特別なキーワードを使用して、マージリクエストがマージされたタイミングで複数の課題を自動的にクローズすることができます。

課題の自動クローズの詳細

課題を自動クローズするパターンを設定可能

マージリクエストがマージされたタイミングで、複数の課題を自動クローズするためのキーワードを自身で定義できます。

課題の自動クローズの詳細

高機能なマークダウンをサポート

GitLabでは「GitLab Flavored Markdown」(GFM)を使用できます。GFMは標準的なマークダウンを拡張して、いくつかの便利な機能を追加したものです。

GitLab Flavored Markdownの詳細

課題とマージリクエストのテンプレート

課題とマージリクエストの説明のテンプレートを用意すると、テンプレートを選択して課題とマージリクエストを作成できます。これにより、チームのコミュニケーションを効率化できます。

GitLabの説明テンプレートの詳細