GitLab Merge Requests vs GitLab

GitLab compared to other tools

FEATURES

統合されたCI/CD

GitLabにはCI/CD機能が統合されているので、CI/CDのために他のツールをインストールする必要はありません。GitLabのCI/CDを使用して、ウェブサイト(GitLab Pages)やウェブアプリケーションをビルド・テスト・デプロイできます。ジョブの結果はマージリクエストに表示され、簡単にアクセスできます。

CI/CDの詳細

作業時間の記録

GitLabでは課題とマージリクエストに作業時間の見積と実績を入力できます。

作業時間の記録の詳細

サイクル分析

GitLabは計画からモニタリングまでに要した時間を計測するためのダッシュボードを提供します。GitLabには、アイディアを本番環境にデプロイするまでに必要なツールのすべてが組み込まれているので、このようなデータの提供が可能です。

サイクル分析の詳細

Review Appsで変更をプレビュー

GitLab CI/CDを利用して、ブランチごとに新しい環境を作成することができ、開発プロセスを高速化できます。 自分のブランチをプレビューできるマージリクエスト用の動的な環境を起動できます。

Review Appsの詳細

fast-forwardマージ、およびrebaseオプション

マージコミットを作成せず、すべてのマージをfast-forwardとするように、プロジェクトレベルで設定できます。fast-forwardマージができない場合は、rebase後にマージするオプションを選択できます。

マージ前rebaseの詳細

squashしてマージ

複数のコミットを1つにまとめてからマージすることで、メインブランチの履歴をシンプルに保つことができます。

squashしてマージの詳細

マージリクエストの承認

GitLab Enterprize Editionではマージリクエストをマージするのに、複数の承認を必須とすることができます。マージに必要な承認の数や承認可能なユーザーを設定することは、コード品質の改善につながります。

マージリクエストの承認の詳細

Todos

ユーザーがマージリクエストでメンションされたりアサインされると、そのユーザーのTodoに表示されます。これにより開発ワークフローをより素早く簡単に追跡することができます。

Todoの詳細

マージの衝突を解決

マージの衝突をGitLabのUIでプレビューして、どちらのバージョンを使用するのか選択できます。

マージ衝突解決UIの詳細

パイプラインの成功時にマージ

レビューが済んでマージできる状態なのに、CI/CDのジョブが完了するまで待つ必要がある場合は、パイプラインが成功したら自動的にマージするように予約することができます。

パイプラインの成功時にマージの詳細

特定のコミットやマージリクエストをUIから取り消し

ボタンをクリックするだけで、コミットやマージリクエストの取り消しができます。

GitLabのUIからコミットやマージリクエストの取り消す方法の詳細

インラインコメントと議論の解決

マージリクエストのインラインコメントを使用して、コードや文書を素早く効率的にレビューできます。コードの特定の行にコメントをして、改善案などを議論することができます。GitLabは、インラインコメントを議論として解釈します。すべての議論が解決されるまで、マージリクエストをマージできないように設定することもできます。

議論の解決の詳細

変更のcherry-pick

マージリクエストや特定のコミット内のCherry-Pickボタンをクリックするだけで、あらゆるコミットをcherry-pickできます。

マージリクエストをcherry-pickの詳細

統合されたウェブターミナルでコンテナをデバッグ

GitLabにビルトインされたウェブターミナルを使用すると、あらゆる環境のコンテナを簡単にデバッグできます。アプリケーションをKubernetesにデプロイしている場合は、GitLabの環境メニューから直接ターミナルのセッションを開始することができます。この強力な機能により、ブラウザから離れることなく、問題の調査を素早く行うことができます。

ウェブターミナルの詳細

ラベル

「バグ」や「ドキュメント」といったラベルを使用して、課題やマージリクエストを簡単に分類できます。

GitLabのラベルの詳細

マージリクエストのすべてのフィールドを編集可能

GitLabのマージリクエストは、マージリクエストの作成者、プロジェクトの所有者、管理者権限があるユーザーであれば、すべてのフィールドを編集可能です。ターゲットブランチと同じように、すべてのフィールドを編集可能です。

GitLabのマージリクエストのドキュメントを確認

マージリクエストがマージされると課題を自動的にクローズ

GitLabでは、特別なキーワードを使用して、マージリクエストがマージされたタイミングで複数の課題を自動的にクローズすることができます。

課題の自動クローズの詳細

高機能なマークダウンをサポート

GitLabでは「GitLab Flavored Markdown」(GFM)を使用できます。GFMは標準的なマークダウンを拡張して、いくつかの便利な機能を追加したものです。

GitLab Flavored Markdownの詳細

仕掛中のマージリクエスト (WIP)

仕掛中のマージリクエストを間違えてマージすることができないように、マージリクエストを仕掛中(WIP)としてマークできます。これにより、仕掛中の変更であっても安心してレビューの依頼ができます。

WIPマージリクエストの詳細

課題とマージリクエストのテンプレート

課題とマージリクエストの説明のテンプレートを用意すると、テンプレートを選択して課題とマージリクエストを作成できます。これにより、チームのコミュニケーションを効率化できます。

GitLabの説明テンプレートの詳細