GitLab CI vs GitLab

GitLab compared to other tools

FEATURES

共有Runner、または個別RunnerでのCI/CDが無料

GitLab.comが提供する共有Runnerを使用して、プライベートプロジェクトでは毎月2000分までのCI/CDを、パブリックプロジェクトでは時間無制限のCI/CDを無料で利用できます。さらに、より高速なビルド、時間無制限のビルド、特殊な要件などに対応するために個別Runnerをセットアップして使用することもできます。

GitLab.comのプランを表示

アプリケーションのパフォーマンス監視

Prometheusを利用して、GitLabはデプロイしたアプリケーションのパフォーマンスメトリクスを収集し表示できます。開発者はマージが本番環境に与える影響を、GitLabから離れることなく、簡単に確認できます。

デプロイしたアプリケーションの監視の詳細

アプリケーションのパフォーマンスに関するアラート

GitLab を使うと、エンジニアはソースコードを書くのと同じワークフローで、サービスレベルインジケータアラートをシームレスに作成し、必要なイベントを通知できます。

SLI アラートの作成についてさらに学んでください。

Review Appsで変更をプレビュー

GitLab CI/CDを利用して、ブランチごとに新しい環境を作成することができ、開発プロセスを高速化できます。 自分のブランチをプレビューできるマージリクエスト用の動的な環境を起動できます。

Review Appsの詳細

包括的なAPI

GitLabは、インテグレーションの開発を可能にするために、多くの機能をAPIとして提供しています。

APIのドキュメントを表示

コンテナやDockerとの高い親和性

GitLabは、GitLab独自のコンテナレジストリとDocker CI Runnerを搭載しているため、それだけでCI/CDでのコンテナワークフローを完結できます。つまり追加のプラグインをインストール、設定、管理する必要はありません。

柔軟なパイプライングラフ

複数のジョブを直列、または並列に実行するパイプラインの構造は非常に複雑です。 GitLabでは単一のパイプライングラフですべてのジョブのステータスを表示できるので、 何が起こっているのかを簡単に確認できます。

パイプライングラフの詳細

パイプラインをスケジュール実行

cronのように、パイプラインをスケジュール実行できます。

GitLabでパイプラインがスケジュール実行される仕組の詳細

複数プロジェクトのパイプライングラフ

マイクロサービスアーキテクチャでは、パイプラインの設計はより複雑なものになります。 複数プロジェクトのパイプライングラフを使用すると、アップストリームとダウンストリームのパイプラインが、プロジェクトのトリガーを通して、どのように協調しているのかを表示することができます。

複数プロジェクトのパイプライングラフの詳細

CI/CDジョブをWindowsで実行

GitLab RunnerはWindowsをサポートしているので、ジョブをこのプラットフォームでネイティブに実行できます。 PowerShellやバッチファイルを活用することで、Windowsに基づくプロジェクトを自動で構築、テスト、デプロイすることが可能です。

WindowsにGitLab Runnerをインストール

macOSでCI/CDのジョブを実行

GitLab RunnerはmacOSをサポートしているので、このプラットフォーム上でネイティブにジョブを実行できます。 シェルスクリプトやコマンドラインツールを利用して、macOSベースのプロジェクトのビルド、テスト、デプロイを自動化できます。

macOSにGitLab Runnerをインストール

構築済みのKubernetesクラスタと容易に連携

構築済みのKubernetesクラスターをプロジェクトに追加できます。CI/CDパイプラインから、 追加したKubernetesクラスターへ簡単にアクセスでき、Review Appsをホストしたり、アプリケーションをデプロイしたりすることができます。

この課題の詳細を確認

最小限のCI/CDの設定

GitLab CI/CDは、Jenkinsのようなツールで同様のパイプラインを実行する場合と比べて、より少ない設定で済みます。

GitLab CI/CDの詳細

Kubernetes podログの表示

Kubernetesにデプロイしたアプリのpodログを素早く簡単に表示できます。

Kubernetes podログの表示の詳細